2017年7月24日に発売されるドラクエ11について

夏の暑い日、あなたはどのように過ごしていますか?

普段の年であれば、海の日からお盆にかけて旅行や実家に帰省することが多いかと思います。

ただ、2017年の夏、違う現象が起こるかもしれません。

それはあの国民的人気ロールプレイングゲーム「ドラゴンクエスト11」が発売されるからです。

今回はそのドラゴンクエスト11についていろいろ独自に考えてみました。

スポンサードリンク


待ちに待った新作!

ついにドラクエファンにとって待望の新作が登場します。

ドラゴンクエスト11ですよ。

前作のドラクエ10はオンラインゲームだったので、インターネット環境を持っていない人にとっては実は苦痛だったりします…。

でも最新作のドラクエ11は家庭用ゲーム機向けなので問題なく一人でも遊べます。

だから今年に限っては一部の人が夏の有給休暇をひたすらドラクエ11をプレイするために消化する人がいるかもしれませんね。

現時点でソフトに対応するゲーム機は2種類

今回のドラクエはPlayStation4(PS4)とニンテンドー3DSの両方で遊ぶことができるのです。

つまりどちらかのゲーム機さえあれば遊べるというわけです。

私はPS4版のソフトで遊びたいと考えています。

こっちの方が大きい画面でリアリティーあふれる世界観で遊べるからです。

値段に関してはPS4版が8,980円(税抜き)、3DS版が5,980円(税抜き)となっていて、PS4版の方が高いですが、あえて私はそれでもPS4版のソフトを選びますね。

予約特典って?

初回生産版で予約して買えば、上記のアイテムが追加された状態で遊ぶことができます。

画面の通り、「しあわせのベスト」と「なりきんベスト」です。

「しあわせのベスト」は装備して戦闘すると、戦闘終了後の経験値が多く手に入ります。

まだ、詳しい数値については不明ですが、おそらく1.3倍ぐらいかと思います。

2倍かと考えましたが、それだとゲームバランスが崩れそうなのでそれはないと思います。

「なりきんベスト」も同様に装備して戦闘すると、こちらは戦闘終了後のゴールドが多く手に入ります。

スポンサードリンク

装備を買うためにお金が必要ですからね。

モンスターを倒していい装備を整えないとボスに楽に勝てませんからね。

ドラクエ11の世界観とは

判明している内容の範囲で語りますが、世界マップをみればその名前が「ロトゼタシア」となっています。

「ロト」ってあのロトですよね?

かつてドラクエ3で大魔王ゾーマを倒したという伝説の勇者のことです。

つまり、その内容が少し絡んでくるかもしれないですね。

あとはやってみないと何とも言えませんね。

有名ゲームでよく起こりえる発売延期について

普通に考えれば、発売延期はないですよね。

延期すれば、プレイヤーの心やドラクエのファンが離れてしまいかねませんからね。

でも過去には発売延期になった事例があります。

ニンテンドーのソフトで大乱闘スマッシュブラザーズXというものがありますが、あれが発売直前で延期になってしまったのです。

詳しい理由は当事者でないと分かりませんが、もう少しクオリティを上げたいとか、ゲームを進行するうえで見過ごせないバグが見つかったとかの原因でそういったことがあるようです。

まとめ

ドラクエ11はドラクエ9以来の家庭用ゲーム機で楽しめる王道RPGです。

なので注目度もゲーム業界ならず、どこかの新聞のエンタメコーナーにも載るほど注目されています。

正直言って私は思いっきりドラクエ11を楽しみたいです。

延期に関してはないとは思いますが、過去一度も延期せずに発売されたのはドラゴンクエスト8だけなので、そこは注視する必要があるかもしれません。

万が一延期したらスクエア・エニックスの株価が下がるだけなので、超人気ゲームシリーズで出鼻をくじくようなマネはしないはずです。

スポンサードリンク

コメントを残す