夏バテの仕組みと食事による夏バテ対策まとめと注意!

毎年夏になれば、疲れなどが溜まってあまり食べ物を口にしなくなるという、いわゆる夏バテの症状が出てしまう方が必ずいます。

今回はそうならない為の対策をまとめてみました。

スポンサードリンク


なぜ夏バテは起こるのか?

画像の動物もぐだ~としてのびています。

これが夏バテです。

夏バテの原因は大きく分けて3つあります。

1つ目は自律神経の乱れ、2つ目は胃の機能低下、3つ目は睡眠不足が挙げられます。

暑さにやられて自律神経が乱れ、それにより胃の機能が低下して食欲不振となってしまい、極めつけはエアコンが効かないほどの暑さや、エアコンがない環境で眠るといったことによるものです。

暑くて眠れないと夏場でよく言われるのが熱帯夜のことでしょう。

とにかくこの3つの条件が重なってしまえば確実に夏バテとみなされるわけです。

一度夏バテになってしまうとなかなか抜け出せないのが現状なので、そうならないための対策が必要になってきます。

夏バテにならないためには?

夏バテを防ぐためには外的要因と内的要因の2つに分けられます。

つまり人間の体のことで考えて、外から影響するものと体の体内から影響するものに分かれるということです。

それでは見ていきましょうか。

食事をすることによって夏バテを防止

外から中に入れる、この場合の外的要因は食事です。

こういった食事をすれば夏バテを防止する効果があります。

1. 火を通した温かい料理を食べる

夏にクーラーを使った環境下では思った以上にからだが冷えていることがあります。

朝は味噌汁、昼は電子レンジで温めたお弁当や温かければファストフードでも構いません。

夜はあえて鍋を食べるというのもありです。

2. 食事の品質を確保する

夏は食欲が低下し、麺類などで簡単に済ませがちなのが実は落とし穴なのですよ。

果物やお菓子が食事代わりという人がいたりしますがそれは大間違いです。

暑さでビタミンが消費され、肉や野菜などに含まれる大切なビタミンの摂取が欠乏してしまう可能性があります。

とくに豚肉などにふくまれるビタミンB1は一番重要です。

スポンサードリンク

糖をエネルギーに変換する働きがあります。

乳酸などの、疲労物質を取り除くは役割もあるので、それを必要な分摂取しないと、疲れが疲れを呼び悪循環に陥ってしまい夏バテが長期化してしまう恐れがあります。

夏場のバカンスも台無しになってしまうことになるのですよ。

3. 冷たい飲み物の取りすぎには注意!

夏は冷たい飲み物が欲しくなりついついとりすぎてしまいますよね。

あまり冷たいものを飲みすぎると胃の働きが悪くなってしまいます。

その結果、きちんとした食事量を摂取できずにスタミナが足りないことによる夏バテの玄関口まで足を運んでしまいますよ。

またビールをたくさん飲むために水分を我慢する人がいますが、アルコールは利尿作用があって、水分補給にという点では補給したことにならないのです。

食事という観点から、コーンスープやコンソメスープなどの温かい飲み物を取るようにしましょう。

適切な体内環境を維持することで夏バテを防止

暑すぎず寒すぎず、人間の体内を適切な環境下におく内的要因のことを指します。

暑い夏にどのように過ごせば夏バテを防止できるのかということです。

1. 冷房は適度に

冷房の温度は24~26℃高めに設定しましょう。

間違って長時間18℃にしてしまうと体が冷えて、体のだるさの原因にもなります。

でも熱帯夜状態になっても困るので、夜寝るときは上記のような温度設定にして2時間程度でいいのでタイマーをかけて寝るようにしましょう。

2. 汗をかくことも重要

夏場の生活で冷房に頼りすぎると汗をかきにくくなってしまいます。

その結果、熱中症に陥ってしまうこともあります。

汗をかいて体を洗うにもシャワーだけでなく、お風呂にしっかり入りましょう。

湯船に浸かることでこわばっていた筋肉の疲労が和らぎ、体を正常化させていくことに繋がります。

まとめ

上記のことに注意すれば夏バテは防げます。

適量な食事の摂取と汗を適度のかくことでさらに夏バテ防止の効果が上がります。

また自分自身で体調管理を徹底しておく必要性もあります。

スポンサードリンク

コメントを残す