【小学生向け】夏休みの自由研究のオススメ

私も小学生の頃は何を夏休みの自由研究のテーマにすればいいのか悩みました。

それに比べれば今の小学生はそれほど悩まなくてもいいのかもしれませんね。

今回は夏休みの自由研究について語っていきます。

スポンサードリンク


そもそもなんで夏休みに自由研究なんて課題を出すの?

先に結論をいうと、いつから始まったのかなんで導入したのかは誰もその詳細は知らないと言わざるを得ません。

私が推測するに、自由研究を夏休みのテーマとして挙げたのは、国、文部科学省の指針で始まったものと言えます。

だれがいつ決めたのかというのは、決めた人がもう亡くなっているかもしれませんので、そこを究明するのは不可能のようです。

小学生ってこの夏休みの自由研究以外にも国語や算数などの宿題があるのでそこまでやっている暇があるのかって話ですが、何か意図があって夏休みに自由研究という項目の『宿題』を導入したのでしょう。

ならどんなテーマが最適なのか?

自由研究する中で最初のテーマ決めが一番難しいのですよ。

きっと一人で考えていれば頭がクーっとなって何も決められなくなってしまうでしょう。

そこでオススメのテーマの決め方をいくつか紹介します。

友達と共同自由研究として取り組む

特に縛りがない場合、友達と知恵を出し合ってお互いの好きなものをテーマに選べば取り組みやすいと思います。

小学生ですから、身近なものとして考えれば、田舎ではセミを取る子供もいるのでセミの種類というテーマで研究するという手があります。

もしくはカブトムシやクワガタの生態などでもいいですね。

都会ならそういった昆虫がいないので、別なテーマになると思います。

自分の地元を紹介する自由研究でもいいですね。

東京都心であれば、浅草の成り立ちや築地市場の成り立ちなどでもいいですね。

都会っ子であれば好きなゲームについて自由研究しそれを夏休み明けにみんなに発表するというのもアリです。

友達との共同自由研究が禁止された場合

上記がダメなら結局自分で考えるしかないですね。

そうなれば自分の趣味や研究してみたいことを題材にするしかありませんね。

例えば、ドラクエが好きな男の子がいればドラクエの歴史や素晴らしさを伝え、夏休みの自由研究のテーマという題目でスクエア・エニックス本社を社会見学するとうことも可能です。

他に料理が好きな女の子なら、毎朝の朝ごはんの献立をテーマに、カロリーや栄養素などをできるだけ細かく分析して発表するということができますね。

こんな感じで身近なものを活かして自由研究のテーマにしていくのですよ。

スポンサードリンク

ネットから題材を選ぶ

最終手段が実はコレなんです。

かといって自由研究代行サービスなるものを選んではいけません。

あくまで自分でやらないと意味がないのです。

自分でやらなければ、調べるという苦労を知らないまま大人になるので後で困りますよ。

ネットにあったテーマとして少し挙げてみました。

  • 人の名字について
  • なぜいじめはなくならないのか
  • 北朝鮮は滅んだ方が得か損か
  • 夏に見られる星座について
  • 昔と今のえんぴつ1本の価格

中には小学生にできるのかという難問もありますが、挑んで成果を出してみんなに「お~」と言わせれば鼻が高くなるでしょうね。

小学生でノーベル賞をあげたい位の成果を出した自由研究に取り組んだ人もいるので、可能性は無限大と言っていいでしょう。

まとめ

小学生の夏休みの自由研究は研究した結果の内容よりも、まず何をテーマにするのかを決めるのが大事なのです。

決めるのが大変なテーマさえ決めてしまえば、あとは周りの大人も協力してくるので一人でも研究を進めることができるのです。

友達と共同研究することができれば案外楽かもしれませんが、たいていの小学校では必ず一人で考えなさい、と言われるでしょう。

それでも身近なことをテーマにすれば何とかクリアすることは可能なのですね。

スポンサードリンク

コメントを残す