夏祭りや花火大会に行く男性の服装・格好のオススメ

男性の皆さん、夏祭りや花火大会に出かける時にどんな服装をしていきますか?

まあ、たいていは半そで短パンが多いかもしれませんね。

でもそれで本当にいいですかね。

今回は夏祭りや花火大会に行く男性のオススメな服装をご紹介します。

スポンサードリンク


男性が夏祭りや花火大会に出かける時の人数による…

普通にこんな格好で夏祭りや花火大会に出かければいいのですが、必ずしも全員が全員そうするとは限りません。

ではどんな時にこういった服装をするのでしょうか?

一人で外出するとき

誰にも気にされることなく、花火大会以外でも男性はジャージをはいて平気で街にいますよ。

別に友達や異性に見せる必要はないですからね。

それに近場での用事なら仮に夏でもワイシャツとスエットの下で外出する人が私の周りにはいます。

要はその人なりの軽装なのでしょうかね。

結婚式や葬式などの特殊なイベントでない限り、ラフ過ぎた格好をして外出する人が、このパターンでは多いことでしょう。

男友達と外出するとき

この場合はさすがに上記のようにラフ過ぎた格好はできないでしょう。

それでも上はタンクトップに下は短パンといった人もいなくはないですが、多少はカジュアルな格好をして街に繰り出すはずです。

あまりにも恥ずかしい格好はできないので、上にジャケットとTシャツ、下はジーパンなどで花火大会や夏祭りに行ってもまあ大丈夫なレベルでしょうね。

海に行っても、同じですよね。

カップルとして外出するとき

やはり異性を気にするあまり、普通に考えればだらけた格好はできないでしょう。

カジュアルな格好が最低基準とすれば、上に帽子をかぶるとかネックレスをするなどのちょっとしたおしゃれが必要になりますね。

男性視点からすれば、女性とデートするときに失礼な格好はできないので、きちんと決めて夏祭りや花火大会に一緒に出かけるのが常識と言っていいでしょう。

男性のおすすめの服装

上記のカジュアルな服装とは別に、男性用の浴衣で夏祭りや花火大会に出かける人もいますね。

まあ、女性からすれば定番といっても過言ではありませんね。

しかし、それだとつまらないとか面白くない、オリジナリティーがないなどの女性側の少数意見もあります。

中には浴衣デビューして失敗してしまった男性もいることは事実です。

スポンサードリンク

であればこんな服装はいかがでしょうか?

そう甚平です。

甚平や浴衣よりも楽に着られるし、カジュアル性にも適しているので、その日だけ着るのであれば問題はありません。

でも甚平を知らない人もいますよね。

だとすれば原点に立ちかえって考えれば、男性はこの中から選んで組み合わせれば周りの視線も気にせずに夏祭りや花火大会を楽しめますよ。

  • トップス:Tシャツ・長袖シャツ・ポロシャツ・七分丈シャツ
  • ボトムス:ジーンズ・ハーフパンツ(短すぎる短パンはNG)
  • シューズ:サンダル・スニーカー

やっぱり浴衣とか甚平が嫌いな人はこの中から選んで自分の好きな色に合わせて出かけることになりますね。

あとは先ほどの少し触れましたが、ネックレスや指輪などを装着していくと、見た目が映えますね。

まとめ

男性が花火大会や夏祭りなどのイベントに出かけるときにおいて、異性とともに行動している時に上記のような格好をしていきましょう。

そして、夏のイベントを楽しみましょう。

間違ってもあまりラフすぎたり、上半身裸などの格好はしない方がいいです。

どうしてもその格好で外に出かけたいのなら一人で行動してください。

特殊な例として同じ仲間の集まりで比較しないでください。

あくまで一般的にどうすればいいのかという視点でお伝えしておりますので。

夏の服を新しく買って、一般的にダメな服装といわれる避けて服を買ってみましょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す