年越しそばは年越し前に食べるべきか、後に食べるべきか。

年越しそばを食べる頃になれば、すでに大みそかになっている頃でしょうね。

でも多くの人が疑問に思っていることがあるとすれば、年越しそばを食べるタイミングですよね。

出身の地域や風習によって多少なりとも違ってきます。

今の場合だと、大みそかであるその年の12月31日なのか、翌年の元日の1月1日になってからすぐなのかってことです。

今回はどっちが多いのかを少し調べてみました。

スポンサードリンク


なぜ「年越しそば」なのか?

なんで年越しそばなのかって私も疑問に思いましたよ。

そばはうどんやラーメンと違い、切れやすいことから『今年一年の厄を断ち切る』という意味で、江戸時代から大晦日の夜に食べる風習が生まれ、現在までに至っているわけです。

確かにそばは箸で簡単に切れますからね。

ちなみにうどん県として有名になった香川県では年越しそばの代わりに『年越しうどん』というものを食べている家庭があります。

上記の説明だと『今年一年の厄を断ち切る』はずなのですが、逆にうどんの場合だと解釈が違ってきます。

あくまで最近うまれた新しい解釈ですが、『今年もコシが強い一年であれ』といった感じでコシが強いということから転じて、食べて負けずに頑張れとか、交渉事でも簡単に折れるな、などの願掛けの様な意味合いになっていますね。

年越しそばやうどんの具に特に制限はなく、具はネギだけというところもあれば、エビの天ぷらまで乗っけているところもあるので様々です。

年越しそばを食べるタイミングは様々

年越しそばは年を越した後に食べる人と、その前に食べる人の2パターンあるのは言うまでもありませんね。

例えば年末仕事で遅く帰ってきた人や、大みそかの夜から元旦の朝方まで仕事だった人は年明けに年越しそばを食べると思います。

普通の企業なら、大みそかの夜から元旦の朝方まで仕事ってことはないですよね。

逆に年末休業の人は大みそかの間、好きなタイミングで年越しそばを食べられるってわけです。

つまりお昼から一足お先に年越しそばを食べて年を越すのです。

年越しそばを食べても一般的な2通りの解釈

あくまで一般的な解釈をした目線で語りますが、「年を越すために食べる」年越しそばと「年を越したからこそ食べる」年越しそばの2通り解釈が成り立つのです。

そう考えればどっちのタイミングもありっていえばありなわけですよ。

地域によって明確な違いはあるのか?

上のグラフはいつどのタイミングで年越しそばを食べるのかを表したものです。

これだけでみると年を越す前に食べる人が圧倒的に多いです。

スポンサードリンク

でも地域によっては違いがあります。

福島を含む東北地方では元旦になってから年越しそばを食べる風習があります。

私だって昔は年が明けて元旦の眠い時間帯に年越しそばを食べていましたからね。

最近では年が明ける前に食べるようになりました。

別に大多数に意見に押されたわけではありませんよ。

グラフを見る限りでは夕食の時間帯に年越しそばを食べる人が多いみたいですね。

もしくはそばの名店でわざわざ並んで食べる人もいるぐらいですからね。

まとめ

データ上は年を越す前に年越しそばを食べる人が多いようです。

でも自分が食べたいタイミングで食べるのが一番ですよ。

地域によっては食べるタイミングに意味があるわけですからね。

私は年越しラーメンも経験しましたよ。

ラーメンって「中華そば」ですからそばの分類には十分入りますよ。

日本そばのような概念に縛られる必要なんてありませんからね。

願わくば私も年末に、そばの名店で混んでいてもそばを食べに行ってみたいですね。

あとは年越しうどんも経験してみたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す