ベルトや靴、腕時計の革色を合わせる意味

お出かけするときにたいていの人はベルトや靴、腕時計などの色を合わせる傾向があります。

女性であればバッグなどの小物をあえて合わせずに色を目立たせて引き立てるとは思いますがね。

疑問に感じましたが、なんで合わせるんでしょうね。

今回はそこをみていきましょう。

スポンサードリンク


お出かけするうえでベルトや靴などが一番多い色とは

ビジネスマンに多く見られるのがやっぱり黒ですね。

特に男性は黒のスーツに黒のカバン、ベルトまで黒で統一している人が目立ちます。

確かに気持ちはわかりますよ。

革色が黒ってだけでなんでそこまで揃えたがるのでしょうね。

黒の革靴が多いからでしょうかね。

他には茶色も有力な色となります。

ベルトや時計の革がその色で販売されている物が多いことも理由の一つになるでしょう。

統一感って大事なことなのでしょうかね。

なぜ色を合わせたがるのか?

ここが本題です。

色を合わせるのには様々な理由があるのです。

それを一つ一つ見ていきましょう。

身だしなみの基本とされているから

やっぱりそうなりますよね。

いわゆる常識というやつです。

極端な人が上は赤いトップスで下が青いボトムス、靴が黄色のシューズを履いてきたらどう思いますか?

実践した本人は明るくバリエーションがいいと思うかもしれませんが、周りの人からすれば目のやり場がなく見ていたら目がチカチカして痛々しいと感じるかもしれません。

もしビジネスの現場でこの格好をしたら、いくらクールビスの期間でその格好をしても相手の99%は嫌がるかあまり好印象を持たないと思いますね。

つまりそれだけトップスとボトムス、靴やかばんの小物などの色を自然に合わせることが相手にとっても無難な対応になるのです。

合わせなかった場合、特にオシャレな人から見れば、色を揃えず統一感がないと奴だな、思われて初対面の場合第一印象にとても響きますよ。

スポンサードリンク

ビジネスの世界では合わせる色は黒か茶色だけ

革靴やかばんのことを考えると、それに該当する色は黒と茶色の2色しかないのです。

これをベースに全体の色を合わせることになります。

茶色の場合、明るめの茶色ではなくどちらかといえば暗めの茶色の方がいいです。

ファッションセンスのため

ビジネスの世界から抜け出して考えても、色に統一感があった方がオシャレな印象が強いです。

トータルコーディネートでもそれは必須な条件といえるでしょう。

色を合わせてみた結果として何がどうなる?

合わせる意味を深く問われたとすれば、身だしなみやファッションのためとお答えるしかありません。

例えば知らない土地で出会いを求める場合、相手がベルトや靴、腕時計の革色を合わせた人と出会って会話したとします。

仮に双子だったとして、同じ性格と特徴も酷似しているものとします。

一方がきちんと上記のように合わせファッションで顔合わせし、もう一方はベルトや腕時計の色も全てバラバラなコーディネートで登場し顔合わせしたとします。

すると相手はどう思うのでしょうか。

たいていは色を合わせている見た目がいい方に好印象を抱く思います。

同じ性格で同じしぐさをして話しているのに、差が出るとしたらその点ということになります。

つまり、革色など揃えることにプラスの意味があるということになります。

まとめ

同じことをいうようでくどいですが、ビジネスの世界やプライベートでは革物に色を合わせて出かける方がいいでしょう。

身だしなみという点において、統一感があった方がいいわけです。

逆にすべてバラバラな状態で、相手と接すると好印象を持ってもらうことが少ないということになります。

スポンサードリンク

コメントを残す