満員電車での痴漢行為を無くす為に行うべき取り組みとは。

最近のニュースを見ていると痴漢で電車が止まったり遅延したりする事象が相次いでいます。

都会に移り住んで、痴漢に遭われた女性からすれば敵ですよね。

でも男性側も場合によっては冤罪に巻き込まれてしまうこともあります。

今回は都心で多い痴漢行為を無くすためにいろんな観点から防止策を考えてみました。

スポンサードリンク


電車における都心と地方の差

 

大都会以外の地方の電鉄や鉄道では満員電車になることはめったにないです。

それと対照的に大都会では通勤・通学時に満員電車になることが日常茶飯事です。

本当に人がギュウギュウ詰めになって通勤や通学をしているわけです。

満員電車内では女性は動けないので卑劣な男が現れる!

この過密さを狙って変態男が性欲を見たすために、若い女性を狙って痴漢を含んだわいせつ行為を行うのです。

いくら警察が摘発しても男の性欲はふとした時に急に湧き出るのでそれを抑えられない人がまた事件を起こすので、いたちごっこというのが現状です。

この際女性保護のために、各鉄道会社が行わなければならないのがこういった行為の根本的な撲滅です。

女性専用車両ではなく女性専用列車の開発!

まずこうした方がいいと思ったのは女性専用車両ではなく女性専用列車の開発と運行を行うことです。

すでに女性専用車両を導入している鉄道会社もあるかもしれませんが、これだと他の車両から男が痴漢を含むわいせつ目的で入っているので女装して女性専用車両に割と簡単に侵入できてしまうのが目に見えています。

なので安心はできません。

その分、女性専用列車だと女性しか乗れないので痴漢などの犯罪からは身を守れます。

つまり間違って男性が乗ってしまったとしても子供ならともかく、大の大人であれば犯罪目的以外考えられないのです。

カラーをピンクにして運転士が女性で、最初は1日に駅を順繰り1運行程度でいいでしょう。

試験的に行って好評なら1日3往復でも問題はありません。

逆に安心して乗れる電車として運賃を割高にしてもいいぐらい話題になるでしょう。

女性専用列車でも女性が男の子を連れていた場合は…

ただ、女性が子供を連れていた場合ですが、女の子ならともかく男の子であればどうするのか疑問です。

ここは思い切って小学生以下で母親同伴であれば乗車を認めることにしたほうが賢明だと思います。

万が一小学生の男の子がいたずら半分で女性のスカートをめくったりした問題が起きた場合は子連れでも男の子は禁止にせざるを得ません。

そうしないと安心して目的地まで行けないからです。

スポンサードリンク

女性視点からすれば安心して目的地に到着したいからに決まっているはずです。

大胆な方法でなければ痴漢行為は減少はあり得ないものになってしまった…

上記方法は男性から異論が出ることは覚悟のうえですが、女性しか乗れないので万が一男性が乗った時点で鉄道法違反や迷惑防止条例違反の延長線上で摘発可能です。

そうなれば女性専用列車に女性警察官がいて、現行犯での摘発になるでしょう。

分かりやすく言えば建造物不法侵入の電車バージョンです。

つまり女性専用列車に男が乗り込む時点で99%性犯罪が目的と結論づけてよいでしょう。

それ以外の方法だと、鉄道会社が定期的に痴漢撲滅キャンペーンを実施し、ビデオや痴漢撃退法を犯人役の男と痴漢被害役の女性に演じてもらって、どうやって撃退するのかを見せるのです。

そうして周りの大人に理解を深めて撲滅するやり方です。

ただこのやり方は根本的な元とは言えません。

やはり大胆な方法でなければ痴漢発生率を限りなく0に近づけることができませんよね。

女性側も自己防衛の手段を学ぼう

女性が防衛のための手段を学ぶことはできます。

痴漢行為のほとんどはバスとかではなく電車の中で行われているので、それを防ぐには上記の方法しかないと考えます。

痴漢撃退スプレーの噴射の仕方や、実際に痴漢に遭った時のシュミレーションを見て学べば十分自己防衛のための対策になります。

痴漢撲滅するうえでもし男性から異論があった場合、そいつを性犯罪予備軍と決めつけて意見させなくすればいいのです。

この場合、そういった男性の反対意見をねじ伏せなければ一生女性には痴漢問題が付きまとうことになってしまうからです。

スポンサードリンク

コメントを残す