疲れを取るにはビタミンBを摂取しよう。その効果とは

ビタミンBってどんな効果があるのか知らない人が結構多いです。

単純にビタミンBを食べ物から取りますが、どれが一番多く含まれているものかわからないですよね。

そんな方のために、ビタミンBの効果とここで少しご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


ビタミンBっていっても種類はたくさんある

ビタミンBって単体だと思っている人いますよね。

実はビタミンBって、厳密に言えばビタミンB群からなる集合体なのですよ。

大きく分けてビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・パントテン酸・ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸・ビオチンの8種類なのです。

これらをバランスよく摂取すれば体の働きが良くなると言われています。

一つの食材にすべてのビタミンB群が含まれていませんので、万能なものとは言えませんが、それぞれの食材に含まれているものを効率よく摂取していきましょう。

ビタミンBが多く含まれている食材

上記で説明したとおり、ビタミンBにはたくさん種類があります。

ひとくくりにはできないのです。

でも見出しの内容を説明するために、今回はビタミンB1を例にとって説明します。

ビタミンB1は豚肉に多く含まれています。

中でも豚ヒレ肉という部類にたくさん含まれています。

豚肉を食べることがビタミンB1摂取の大きな近道なのです。

ビタミンB1のはたらきと不足することによる欠乏症について

ビタミンB1のはたらきは簡単言えば、インスリンがブドウ糖を分解してエネルギーを作るときに必要な『補酵素』の役目を担います。

少しばかり過程を省略してけビタミンB1を適度に摂取した時の結論としては、疲れが溜まりにくくなる状態になるわけです。

逆に不足するとビタミンB1欠乏症という糖質のエネルギー代謝が滞り、疲労物質である乳酸が溜まって疲れやすくなってしまうのです。

疲れると何もやる気がおきなくなってしまいます。

それが悪循環となり、きちんと料理をしてバランスよく食事をすることすらしなくなり、偏った食事ばかりしてしまうことに繋がってしまうのです。

いやですよね、こうなってしまうのは…。

ビタミンBを摂取することによる効果とは

上記で説明したビタミンB1の例はビタミンB群からすればほんの氷山の一角にすぎません。

スポンサードリンク

では他のビタミンB群を適度に摂取することによって、体にどんな良い効果が表れるのかを紹介します。

 これらをうまく摂取すると総合的に代謝がよくなる

上記でビタミンB1について詳しく触れました。

それ以外のビタミンB群もうまく摂取すれば体に良い効果が表れます。

例えば、エネルギーの代謝を促す他にも脂質・糖質の代謝を助けたり、脳神経のはたらきを助けたり、血行が良くなったり、皮膚を健康にしたり、善玉コレステロールを増やす作用などが確認されているわけです。

それだけビタミンB群の存在は体が必要とする栄養素の中でも無視できないものとなっているのが実情です。

 逆に欠乏すると体を壊すことになる

逆にこれらをまともに摂取していないと、動脈硬化になりやすくなり、さらに疲れやすくなって食欲不振に陥り、やる気すら起きなくなって病気に対する抵抗力の低下、つまり免疫機能が低下してしまいます。

そのせいで重大な病気にかかりやすくなってしまうという事態に陥ってしまう可能性があるのです。

まとめ

特に夏は暑くて何も食べたくないと思っている人が多く、そうなると必要なビタミンB群の摂取が損なわれ、欠乏症による悪循環から抜け出せなくなってしまう恐れがあります。

たとえ暑くても何も食べたくなくても、ビタミンB群が含まれている食材を何としてでも食べないと体を壊して今いますよ

スポンサードリンク

コメントを残す