コンビニ等で支払いを早く済ませるためにはデビットカードを持とう

みなさんはコンビニで支払するときに現金で多く支払いしていますよね。

中にはクレジットカードの方もいると思います。

でもより支払いを早く済ませるための方法があることをご存知でしょうか?

確かに現金でもいいですが、現金を持ち合わせていない時に役に立つのが「デビットカード」なのです。

今回はそのデビットカードについて考察していきます。

スポンサードリンク


コンビニで商品の支払いに使うのに多いのが現金!

若い方から高齢者までコンビニで支払いする人の多くが使用するのが現金です。

今回のテーマであるデビットカードで支払いする人も増えては来ていますが、残念ながらまだ少数に過ぎません。

どちらかと言ったら私は現金派です。

カードの支払いでも構いませんが、プリペイドカードに限ります。

現金であれば確実に支払いできて安心だからです。

これからご紹介するにあたってのデビットカードなんか使うよりずっと慣れ親しんでいます。

どうでしょうかね。

そもそもデビットカードとは何?

デビットカードとは簡単に説明すると、商品を購入した際に代金が設定した銀行口座から即座に引落しとなるカードの事です。

それに国際ブランド加盟店でショッピングができるので便利なカードと言えます。

クレジットカードとは少し違います。

そこは後々に説明するとして、デビットカードは世界中の国際ブランド加盟店で利用できるので十分に資金があればこのカード1つで買い物出来ちゃいますよ。

ただ、銀行口座に残金がなかったら引き落としができない、つまり「このカードは使用できません」となってしまうので運用には注意しましょう。

どうやって作るの?

デビットカードを作るためには、必ずそのカードを発行している銀行の口座が必要になるのです。

例えばみずほ銀行であればみずほ銀行の普通銀行口座が必要になります。

そして、免許証などの身分証明書が必要です。

最近では健康保険証だけでは受付しない銀行も増えてきていますので、その場合は住民票と合わせもって受付する必要があります。

作り方としては銀行に直接出向くか、WEB上から口座開設の手続きをすることができますが、始めて作る人にとってはわからないことだらけであることから直接銀行に行って作った方が早いです。

スポンサードリンク

デビットカードを使った時の流れ

デビットカードをコンビニで実際に使うと流れとしては上記の画像の様な感じになります。

まず、消費者がコンビニで商品を買う時にデビットカードを提示します。

店員は受け取ったら照会します。

専門家ってわけでもないので簡単に仕組みを説明すると、銀行口座の残高とこのデビットカードは連動しているので、仮にその銀行口座に残り995円あったとして、コンビニでサンドイッチ258円を支払う際に現金を持ち合わせていないのでそのデビットカードを出しました。

残高に問題がなければ銀行口座からその商品分の代金を差し引くというものになるのです。

そして買い物は無事終了するという流れになります。

クレジットカードとの違いとは

これが一番気になることだろうと思います。

大きく違う点を3つほど紹介します。

決済方法について

クレジットカードの場合ですと、後払いが基本ですが、デビットカードの場合は即時決済が基本です。

クレジットカードは後からまとめて請求が来るのに対して、デビットカードは銀行口座にお金がなければ使えないのである分だけ使うことができるってわけです。

カードの発行元において

クレジットカードの場合はカード会社が発行しますが、デビットカードの場合は銀行が発行します。

意外にこの事実を知らない人がいるようです。

限度額について

クレジットカードの場合は限度額はその会社や種類によって変わってきますが、デビットカードの場合は銀行口座残高が利用上限額となるので自分で支払い能力を超えるような買い物を事実上ストップさせることに繋がります。

自分の口座の残高がないのに買い物ができないのは当然のことと言えますね。

スポンサードリンク

コメントを残す