ヘッドホンとイヤホンの特徴の違いと使い分けについて。

みなさんは自分の部屋以外での場所で音楽を聴くときにヘッドホンかイヤホンのどちらかをつけていると思います。

それを外して聴くとなると周りに迷惑が掛かってしまいますよね。

でもヘッドホンとイヤホンって実は似て非なるものなのですよ。

今回はヘッドホンとイヤホンの特徴やその違い、使い分けて音楽を聴く実例も合わせて紹介します。

スポンサードリンク


公然の面前で迷惑をかけることなく音楽を聴くときに使うものと言えばこれだよね

よく街で見かけるイヤホンを片方に付けながらスマホに挿して音楽を聴きながら移動する若者たちを。

中にはヘッドホンをつけて電車内にいる人までいますよ。

もし大音量で音楽を鳴らしていたら迷惑だし、騒音トラブルにもつながりますよね。

だからこのようにヘッドホンかイヤホンを装着しているわけですよ。

ヘッドホンとイヤホンってどんな違いがあるの?

確かに気になりますよね。

まず見た目でわかる違いといえば大きさですよね。

イヤホンは小さく、ヘッドホンは大きいですよね。

価格的にはイヤホンはダイソーで買えるように100円台から買えます。

それに対して、ヘッドホンは100円では買えませんよ。

ヘッドホンは安いものでもソニー製で3,000円ほど、高いもので10,000円はします。

高いモノの場合はさまざまな機能がついているので高いのです。

音質について

この違いは大きさや値段のような見た目ではわからない違いです。

結論から申し上げますと、音質はヘッドホンの方が圧倒的にいいです。

特に低音再現力と、スケール感の表現力において差がでます。

実際に聞き比べると分かると思いますよ。

耳に優しいのは

正直、私はそこまで考えて事はありませんでした。

単に音楽が聴ければそれでいいと思っていたからです。

イヤホンは耳の穴に直接入れるので、長時間聴いていると耳が疲れます。

耳が疲れるって…、わかりやすくいうと耳に痛みが生じる一歩手前の状態のことです

スポンサードリンク

これに対してヘッドホンは耳穴に直接差し込まないので、イヤホンほど耳が痛くなりにくいです。

耳に優しいって点においてはヘッドホンに軍配が上がりますね。

ヘッドホンとイヤホンの使い分けについて

実際に使い分ける場合の例を紹介します。

画像のように外出先であればイヤホンですね。

ヘッドホンでもいいのですが、見た目がちょっと…。

だから見た目を気にしてイヤホンなのですよ。

それにイヤホンであれば片方だけに差し込んで片方が外界の音を聞いて対処できますからね。

ヘッドホンは主に自宅で音楽を聴くときに使うことが多いでしょう。

外出先と違って見た目を気にする必要もないですしね。

さらに長時間聴きたい時には断然耳に負担がかかりにくいこちらの方が圧倒的にいいわけです。

リラックスしながら自分の世界に浸ることができますよ。

まとめ

本当の意味でまとめると、高いけどずっと使い続けていたいのはヘッドホンで、本当にわずかな時間だけ音楽を聴きたい時はイヤホンでしょうかね。

ヘッドホンは高いけど音楽が好きな人にとっては必要経費って感じですよね。

いわゆる趣味にお金を使うようなものだからね。

イヤホンは安く購入でき凡庸性もあるけれど、使いすぎると体の負担、いや耳の負担が大きくなってしまうからそこが欠点なんですよね。

どちらか一方だけ持つのではなく、両方所持したうえで場所によって最適な使い方をすればいいだけの話なのです。

スポンサードリンク

コメントを残す