保証書がない場合でも保証対応してくれる?また保証される時とされない時の違い。

家電なんかを買う時には保証書が付いてきますよね。

大手家電メーカーでは3年保証や5年保証がそれにあたります。

また、携帯電話の充電器にも保証書がついてきます。

でも万が一無くしてしまったらどうしましょうか?

保証書がない状態で使っているものが通常使用している状態で突然動かなくなってしまった時は泣き寝入りで終わってしまうのでしょうか?

今回はその部分を突き詰めていきたいと思います。

スポンサードリンク


高価なものを買った時についてくる保証書

家電量販店で冷蔵庫と買った時についてくる保証書、冷蔵庫に限らすパソコンやエアコンなどを買った時に保証書はついてきます。

家電量販店の場合は独自の保証期間をプラス@して設けています。

それにより販売促進しているものと考えられます。

高価なものに限らず保証書はついてくる

安いドライヤーや掃除機でもメーカー保証1年間の保証書が付いてくる場合が多いです。

あくまで最低年数保障って感じですけどね。

もし保証書を無くした状態で使っているものが故障や動かなくなってしまったら…

当然画像のように落ちこみますよね。

だってせっかく買ったものが普通に使用しているのに壊れてしまったんですもの!

でも保証書があれば問題なかったのですが…。

その保証書も無くしてしまった…。

落ち込まないはずがありません。

普通なら買い替えるしか手段はありません。

でも場合によっては保証書がなくても対応してくれることもなくはないです…。

保証書がない場合でも保証対応してくれる場合とは

まだ希望はあります。

諦めるたらそこで試合終了ですよ!

あれ、誰だっけこのセリフを言った人って?

とにかくあがいてみましょう。

スポンサードリンク

保証書を無くした場合でも、例えば大手家電メーカーのヤマダ電機の場合だと、ヤマダ電機から少し高めの扇風機を2016年の8月に購入して使っていたとします。

夏は終わって冬になるころには倉庫や物置にしまっておいて、2017年の6月頃から再び使用したとします。

ですが、2回ほど使用して全く動かなくなってしまいました。

保証書があるはずなのですが見つかりません。

安いからという理由ではなく、少し高かったから簡単に買い替えるってわけにはいきません。

そこで無駄足だろうと思いつつもその時に扇風機を買ったヤマダ電機のお店にいって、担当者と交渉することにします。

するとこんな対応をしてくれたわけです。

「こちらにデータが残っていました。調べたところ1年以内ということでしたので、保証書無しでも、修理は無料で承ることができますよ。」

つまり、ポイントカードに登録した電話番号や氏名と、お客の購入商品や購入日のデータが紐付けされるので、今回のように保証書を紛失しても、保証が適応できるのというわけなのです。

あくまでヤマダ電機の場合ですが、こういった救済措置的な対応をしてくれます。

まとめ

家電などの高価な買い物をしたら絶対に保証書は大事にしまっておきましょう。

万が一無くしてしまうと大変なことになります。

一部の店舗では保証書がなくても対応してくれます。

ただ、全ての商品が保証書なしで対応するとは限りません。

基本的には保証書を無くしたら、修理できないものと考えて下さい。

つまり、会員カードを持っていないお店で家電を買って1年以内に通常使用で壊れて動かなくなっても、ポイントカードでもなんでも登録した個人情報がお店に残っていなければ対象にならないってことですよ。

逆に言えば大手家電量販店で買い物をするときは、何かしらのカードを作っておいた方が得ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す