お盆で使う提灯の片付けるタイミングは?掃除と保管方法

お盆の期間になると、仏壇などがある一般家庭ではお盆で使う提灯を出して、もはや伝統行事の一環ですよね。

でも使った後の掃除を保管方法って皆さんの過程ではどうなっていますか?

きちんとした方法で掃除して保管したおかないと、来年に影響しますよね。

今回は盆提灯の掃除と保管方法について考察します。

スポンサードリンク


いつから盆提灯をつけるようになった?

提灯自体の使われる歴史として、その起源は室町時代まで遡ることになります。

昔は電気がなかったので、夜出歩くときは提灯が欠かせなかったのです。

特に月が顔を出していなければ、なおさらだったわけです。

その用途以外にもご先祖様を供養するときなどに提灯が使われていたことから、現在のお盆に提灯がそのまま使われているという名残のようなイメージです。

室町時代以降、お盆と言われる期間にはなくてはならないものになったのです。

祖霊の迎え・送りの役割を果たす盆提灯は欠くことのできない存在となっているわけですよ。

盆提灯を出すタイミングとは

地域によって差がありますが、基本的には8/13日からお盆が始まるので、その日の前日までには出しておく家庭が多いです。

玄関に飾るタイプのものもあれば、仏壇の前においておくタイプもあります。

盆提灯を出して、ご先祖様の敬う時期がやってくるという認識になりますね。

出してから約1週間はそのままにしておきます。

盆提灯を片付けるタイミングとは

片付けるタイミングは無論、お盆期間が終わってからになります。

基本的に8/21以降でしょうね。

地域によってはそれより前に片付けるところもあります。

でもどうやって片付けるんでしょうね。

掃除と保管方法について

片付ける前に盆提灯についているホコリを落として掃除しておきましょう。

また汚れがあったら、キズをつけないように慎重にとります。

そうしないと、来年使う時になったら大変ですよ。

スポンサードリンク

絵柄の入った光で回るあの盆提灯の場合は、部品をきれいに拭いて箱に入れて保管します。

保管方法は基本的に普通の提灯と考え方が同じで、洋服用の防虫剤を入れて収納します。

提灯の自重や他の物の重さで破れないよう新聞紙をたたんで提灯の中に入れた物を防虫剤と一緒にビニールに入れて、湿気や害虫から守ることが大事です。

そのくらいの手間をかけて保管しなければなりません。

盆提灯の意義とは

盆提灯には先祖を供養し仏さまに感謝する意味合いが込められています。

一人暮らしの人にはあまり縁がないかもしれませんが、亡くなった先祖を敬う為のものなのです。

盆提灯の保管方法も適当であってはなりません。

きちんとした場所で大切に扱うのが筋といっていいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す