お彼岸のお供え物何がいい?金額の目安とオススメ

彼岸が近くなってきたらお供え物を買いに行くと思います。

でも毎年お供えするものを変えたり、使う費用が変わったりしてあやふやになってしまいます。

今回はお彼岸お供えする代表的なもの、そしてそれに使用する費用の目安について語っていきます。

スポンサードリンク


お彼岸の時には主に何を買うのか?

お供えするものはたいてい決まっています。

春にはぼたもち、団子、お花をお供えし、秋は春とは違い、ぼたもちの部分がおはぎに変わってお供えするのが一般的だとされています。

どちらにせよ、あんこが入っていますね。

あんこの原料となる小豆には、その昔「邪気を払う」という効果があるとされご先祖様の供養に使われていた歴史があります。

だからあんこの入ったものや付随する甘いお菓子が定番化したのでしょうかね。

それ以外にお供えするべきものとすれば、ご先祖様がよく好んで食べていたものをあげるといいでしょう。

せんべいが好きだった人ならせんべいとかをその他にお供えすればいいだけです。

どのくらいの金額が目安なのか

一般的には3,000~5,000円がお彼岸における相場となっています。

箱菓子や御前にお供えするものを購入すれば、このくらいの金額にはなります。

もしのし紙などを切らしていたらそれを購入しなければならないこともあるので、費用の中に含まれます。

それでも5,000円くらいまでで済むので、お彼岸の行事としてべらぼうに高いってことではないのです。

地域によっては必ずお供えしなければならないものが上記以外にもあるかもしれないので、そうなるともう少し相場が上がってしまいそうですね…。

やはりお彼岸はいくら費やすとかの問題ではなくあくまで気持ちの問題

お墓にある程度の物を揃えてお供えすることが必要なことですが、そこまで高いものをあげる必要はありません。

かといって何もなしではちょっとダメかもしれませんが、せめて物を買えない経済的に苦しい場合でも線香の1本ぐらいはあげておきましょう。

それがご先祖様に顔向けできる最低のラインでしょう。

お彼岸はあくまでその『個人の気持ち』なのです。

しっかりとお供えし、ご先祖様に自分の人生を見守ってもらいたいという気持ちや仏教由来の日本独自の行事が由来となっている行事なのできちんと行いってなんぼという気持ちまでさまざまです。

人によってお彼岸の時にはご先祖様をどう思うのか考えさせられる時期といえますね。

スポンサードリンク

お彼岸にこういったお供え物はアリかナシか?

上記で申し上げた通り、ご先祖様が好きなものは何でもお供えしてもいいと記しました。

もし生前にグミが好きであれば、お供えしても構いません。

でも多くの日本人の主観・客観的に考えてグミはナシと考える人が多いかもしれませんね…。

あとハイチュウとかもでしょうか?水あめが使用されたお菓子は甘いのですがね…。

これもダメかもしれませんね…。

あんドーナツはどうでしょうかね。

和菓子の分類には入りますが…、まああんこが入っていればおそらく問題ないでしょう。

これについては多くの日本人がアリと答えるはずです。

洋菓子のバームクーヘンはどうでしょうか?

これもご先祖様が洋菓子が好きで甘いものも好きであれば寛容されることでしょうね。

まとめ

お彼岸においてお墓参りする時にご先祖様にお供えする物を買う費用は3,000~5,000円で収まるようにしましょう。

別に3,000円以下でも、お供えするものをあげるので、気持ちがこもっていれば問題ありません。

大事なのはお墓詣りして、ご先祖様が眠る墓で手を合わせ、しっかりとつとめを果たすことが重要です。

地域によってその規模は違うかと思いますが、できることをすればいいだけなのです。

特段の事情がない限り、私はお彼岸の行事をしっかりこなすつもりです。

スポンサードリンク

コメントを残す