七五三は誰と行くべき?最低限のお参りマナー

7歳、5歳、3歳のお子さんがいらっしゃるご家庭では、11月になると七五三の準備をしなくていけませんが、正装やお祝いのお返しなんかを考えると結構大変です。
折角だし和装で写真を撮りたいな、なんて緩く考えていると当日になってお子さんが慣れない服装で疲れてしまう、ということも十分ありえます。
なのでこの記事では七五三の事についてざっくりとまとめたいと思います。

スポンサードリンク


七五三の正装について

七五三の由来により羽織・袴が正式な装いとされていますがが昨今では洋装でもOK。
神様にお参りするのが七五三の最も大事なとこなのできちんと正装してれば良いんです。
なにより和装というのは子供にとって普段着慣れていないせいか疲れやすく
せっかくのハレの日なのに不機嫌な顔ばかり、なんて可能性もあるのです。
そう考えてみると洋装は子供にとって着慣れていて動きやすいため、ストレスを感じにくいという利点があります。
もちろん和装が着れるのであればそれに越した事はありませんし、お子さんが和服を着る機会ですからぜひ写真に収めたいと言う方もいらっしゃいます。
ですがどうしても服装が決められないというのであれば、いっそのことお子さん自身に決めてもらいましょう。
ある程度選択肢を絞り込んだ上で、どれが着てみたいか聞いてみてください。
この年齢のお子さんは好奇心の塊なので喜んで選んでくれますよ。
それにお子さん自身が選ぶ事により七五三の事を意識させることで当日を楽しみにしてくれます。女の子の場合なんかは綺麗な服ってだけで楽しみになるみたいです。
おまけに選ばせる事で子供の自尊心をくすぐっておきましょう。
何よりもお子さんのためのお祝いなのですからご両親だけで決めるのよくありませんよね。
え、そもそも乗り気じゃない?そこは親御さんの腕の見せ所じゃないですかね。

七五三のお祝いに関して

次に気になるのは親族や親戚の存在です。
「折角だし子供のハレの姿を自分の両親にも見せたいんだけど……」
分かりますよ。でも世の爺婆の孫好きをなめてはいけません。
七五三の事を話した途端に日程からその後の食事まで決めだし、
一体誰の子供なのか分からないほど張り切る姿を見て困惑してしまうかも。
とは言ってもこれは極端な例ですけど。
まぁ、あなたのご両親がそんな感じなら問題は無いです
それにこの場合はお祝いに対するお返しの心配はせずに済みます。
自宅へ食事の招待をしたり、外食などでご馳走することがお祝いに対するお返しになります。
困るのはお祝いは貰ったけど、何を返せばいいのか分からないというパターン。
特に両親ではないけどお祝いは贈ってくるっていう間柄の親族とかがこれに該当します。
基本的に七五三のお祝いはお返し不要らしいのですが、だからと言って何も送らないというわけにはいきませんよね。
だいたいの目安としてはお祝いに貰った額の半分から3分の1程度の額の物を返すと良いようですがでは一体何を送ればいいのでしょうか。
私個人のオススメとしては高級な和菓子か商品券あたりが無難で喜ばれるのではないかと思います。食べ物や消費しやすい物が贈り物として無難なのはいつの世も変わりません。
ちなみにこれが親族ではなくてあなたのご両親なら子供の写真を一緒に送るとなおGOOD。
後日子供を連れて会いに行ったときにお礼を言わせるとPERFECTです。
ただしここで気をつけておきたい点がひとつだけあります。
それはお祝い事の時にも言われる贈り物に相応しくないとされる物の類です。
冠婚葬祭やお見舞いなんかでもよく言われますが、一応七五三にも相応しくないとされるものがあります。
それは割れ物と刃物の類です。どちらも(縁が)割れる、切れるといった要素を持つため七五三でも送ってはいけません。
刃物に関して送る事はまず無いとは思いますが、爺婆に子供の写真を送るからといっておまけでガラス製の写真たてなんかを送ると、場合によっては顰蹙を買うかもしれません。
まぁ孫の写真を貰ったら世のお爺さんお婆さんは嬉しいだろうから流石にこれに文句言う人は少ないとは思いますが。現代でそこまで気にしてる人がどれだけいるのかに関して私は知りません。

誰と行くべきなのかについて

最後にタイトル詐欺と言われないために誰と行くべきなのかを書いておきます。
誰といっても良いのではないかと言うのが私の本音ではありますが、
あえて選ぶとするのなら七五三の思い出を共有してもいいかどうかが選択する上でのポイントになると思います。
少なくとも一緒に行って後悔したり、引け目を感じるような人とは行くべきではありません。
あと子供が傍にいて嫌がる人もダメです。子供にとって七五三ってそこまで楽しいイベントではないので。
千歳飴とか貰ったら喜ぶでしょうけど、それで一日機嫌が良いというわけではありませんので、お気をつけて
最後に
本当に七五三の事をどうしたらいいのか分からないというのであれば、ご両親に相談しましょう。長々と記事で色々書きましたが、あくまでも目安や指針程度に軽く考えてください。ブロマガの記事を読むよりあなたのご両親に聞くほうが確実ですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す