秋バテの症状とならないための食事と対策

夏バテは皆さんも経験があることでしょう。

しかし、東日本より西および南の地域では『秋バテ』という症状もあるそうです。

え?と思った方もいると思います。

今回はいわゆる秋バテの症状とならないための対策と、食事について語っていきます。

スポンサードリンク


秋バテって何?

 

秋バテにはいくつか種類があります。

簡単に紹介しますね。

1つは9月以降の残暑に耐えられず、夏バテの症状を引き起こす人たちのことを指します。

9月からは暦の上では秋ですので、夏バテと同じ症状でも秋バテとみなされる場合があります。

もう1つは、夏の時期に冷房が効いた部屋に長時間いたり、冷たい飲み物などを取りすぎて体が冷えてしまうことが原因で起こる秋の疲れのことを指します。

夏から秋に変わり、急に涼しくなる初秋に疲れや不調が出てしまうことから、そういった意味で秋バテとされているのです。

人によっては解釈が変わってきますが、どの道そうなれば何もいいことなんてありませんので、注意が必要です。

秋バテにならないための対策

画像に書いてあることを実践すればいいと思います。

ですがこれに加えて補足説明させていただきます。

秋バテを放置しておくと、自律神経の乱れにより端を発し、さまざまな病気を併発してしまう可能性があります。

そうなる前に何とかしなければなりません。

軽めの運動が必要

夏の間、ずっと冷房の効いている部屋から出ないことによって体がなまってしまい、秋バテに移行してしまう場合があります。

なので、体を動かして体に適度な刺激を与えてあげましょう。

軽いジョギングなんかで十分です。

雨の日の場合は、腕立て伏せ・腹筋・背筋を最低10回1セットだけでも行えば結構違ってきますよ。

足の筋肉もつける必要があるので、スクワットも追加しておくといいでしょう。

マッサージをして自分自身をケアする

やはり秋バテの原因の一つとして、自律神経の乱れが挙げられるわけで、それを解消するためにリラックスすることが重要です。

体が凝っているのであれば、その凝りを自分自身で見つけてほごしていきましょう。

スポンサードリンク

とにかく自律神経の乱れを緩和することが大切です。

ツボを押して、痛いところはそれだけ体が悲鳴をあげているサインなわけです。

入念に体をほごしておきましょう。

正しい入浴の仕方をする

自律神経の乱れを整えるには、ゆっくり入浴するだけでも効果があるんですよ。

できれば半身浴がオススメです。

全身浴だとすぐにお風呂から上がってしまう傾向があるので、ゆっくり入るには半身浴の方が効果的なのです。

それに半身浴であればお風呂上りの保温効果が全身浴よりもあるのです。

ゆっくり湯船に浸かることで体の凝り固まった筋肉が徐々にほごれ、リラックスすることにつながるので自律神経の乱れが治まってくるわけですよ。

食事内容によっても対処可能

夏バテから抜け出せず、引き続き延長線というかたちの秋バテの方であれば、こういった食事をすれば予防になりそして秋バテを乗り越えることができます。

大きく分けて、消化しやすい食事・体を温める食事・旬の食材を使った食事の3種類です。

夏はそうめんで食事を済ませている方は、秋になってからは温かいきつねそばやきつねうどんなんていかがでしょうかね。

それに夏は冷たいものを食べてしまう傾向があるので、それから脱却するためにもこういった消化しやすくて体を温める食事なので一石二鳥と言えますね。

プラス@として秋に旬を迎えるシイタケを温かいきつねそばかきつねうどんの具材として入れればいいかもしれませんね。

そうすればその食事だけで【一石三鳥】になりますよ。

夏の簡単そうでバテやすい食べ物ばっかり食べることから脱却すれば、おのずと秋バテは解消に向かうことでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す