酉の市で買った熊手の飾り方・処分方法

11月になると季節の風物詩として酉の市の話題が上りますが、そこで販売している熊手に正しい飾り方があることはご存知でしょうか。

縁起物である以上、正しい飾り方で飾ってご利益に肖りたいですよね。

今回は酉の市の熊手の飾り方や処分方法についてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク


酉の市の熊手について

縁起物として知られている酉の市の熊手ですが、元々は一般的にイメージされる熊手が売られていました。

ですが商人の験担ぎとして「福をかきこむ」、「金銀をかき集める」道具として縁起物として扱われるようになりました。

それに伴い縁起の良い物である七福神や松竹梅、鶴、亀、鯛などの縁起の良い装飾がこれでもかと施されるようになり、現代の熊手の様になっていきます。

小さい物から大きいものまで様々な種類の熊手が酉の市で販売されますが、買う際は自分の家で飾れるかどうかだけは気をつけておきましょう。

熊手の飾り方

酉の市の熊手は縁起物である以上そこらへんに置いておくわけにはいきません。

基本的には神棚や仏壇などがあればそこに置いておけばいいのですが、そういった飾る場所が無いと言う家もあります。

そういったご家庭の場合は目線よりも高い位置の壁に飾ると良いでしょう。

飾る場所の候補としては玄関か部屋の壁となります。飾る場所が無いからといって廊下とかに飾ってはいけません。

玄関などに飾る際は福をかき込めるように入り口のほうに向けて、部屋の壁に飾る際はその年の恵方にむけて飾るのが良いとされています。

ただし熊手を北に向けて飾るのは縁起が悪いとされていますので、恵方や玄関の関係で北を向くと言う場合は、太陽が最も昇る向きである南か、昇り始める東に向けて飾って下さい。

また縁起物ですので時折掃除をして常に綺麗な状態を心がけましょう。

熊手の処分方法

上記の方法で飾った熊手は一年経つと新しい熊手に変えることになります。

基本的には買った次の年の酉の市の「熊手納め所」に持っていくか、年末年始に「お札納め所」に持ち込む事になります。「お札納め所」では熊手の他にお守りなども返納することができますが、その際にお守りなどは買った時と同額程度のお賽銭をするのが一般的です。

ただ熊手の場合は大きさなどによってはかなり高額な場合もあるので同額を払うと言うのは難しい場合もあります。

ですがそもそもお賽銭はご利益に対する感謝とお礼のためですのでしっかりと一年間の感謝をしていれば金額が少なくても問題ありません。気持ちが大切なんです。

ただ中には知人などから熊手を貰ったと言う人もいるかと思います。酉の市の「熊手納め所」に直接持っていくのは難しいし、年末年始以外では「お札納め所」に納められないため困ってしまうという事も考えられます。

そういった場合は、あまりお勧めしませんが直接ゴミとして処分する事はできます。

塩を3回かけて各自治体の分類でゴミとして出す事になりますが、出来れば正しい方法で神社などに返納したほうが良いです。

縁起物なのでゴミとして処分するより、感謝して返納するほうが罰も当たらなさそうな気がしますよね。

スポンサードリンク

 

おまけ

酉の市の熊手には粋な買い方があります。最初に提示された値段を交渉して値切っていき、交渉で売買が決まったら最初に提示された額を払うという買い方です。

値切って「買った」、値切られて「(値段を)負けた」が「勝った」「負けた」のやりとりになり粋なんだそうです。

厳密には値切って浮いた分の額をお店にご祝儀として渡すという扱いになるみたいです。

値切ったのならその額で買っても良いじゃないかと思ってはいけません。

その値切った額で買うのは福をかき集める熊手です。自分の福を値切りたくは無いですよね。

スポンサードリンク

コメントを残す