文化の日はいつ?『文化』の日の意味と由来は?

毎年11月3日は文化の日です。

しかし、何を持って『文化の日』とされたのか特に知らない若者が増えています。

今回は文化の日の制定の背景や、文化の日にどんなことをするのかなどをお伝えする内容とします。

スポンサードリンク


文化の日を制定した由来・背景とは

文化の日、11月3日は1946年(昭和21年)に日本国憲法が公布された日であり、日本国憲法が平和と文化を重視していることから、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法で『文化の日』と定められたわけです。

そして【国民の祝日に関する法則】というものがあり、それには文化の日に関して、『自由と平和を愛し、文化をすすめる』と書かれてありました。

もともとこの日以前には『明治節』という別な祝日が存在していて、戦後に出来た文化の日の前までに機能していました。

明治天皇の存在が関係していたわけですね。

文化の日の意味とは?

『文化』とは非常に抽象的な意味あいなので、一言で説明しきれません。

なのでたとえとして語るのであれば、芸術や音楽とかそういった娯楽系な答えになってしまうことが多いんですね。

英語にするとCulture Day、そのまま文化の日ってわけです。

そう考えると、この日は日本における文化を楽しむ日、たしなむ日ってことになりますね。

文化の日をどう過ごせばいいの?

体育の日はスポーツイベントが中心に栄えますね。

これに対して文化の日は逆に画像の様な将棋などの文化系のイベントが行われることが多いです。

上記で説明した通り、日本の文化を楽しむイベントが栄えているわけですよ。

何をしたらいいのかって、一言でいえばこの日に『文化』を満喫すればいいだけの話です。

例えば音楽であればJ-POP、ジャニーズやエグザイル、AKB48などの音楽鑑賞を楽しめばいいんです。

映画に至っては邦画でしょうかね。

DVD観賞でも同じことです。

ドラマ半沢直樹とかドクターXとか、過去の作品をもう一度みることもまた日本文化を楽しむことになります。

でも本当の意味で文化を楽しむのなら美術館に足を運ぶのがいいでしょう。

日本文化にとらわれず、海外の文化を楽しむために、有名な画家の絵を拝謁すればいいんですよ。

スポンサードリンク

ゴッホとかモネとかルノワールとかね。

有名な画家が描いた絵を見るのは貴重な体験ができることなのでね。

あとは先ほども紹介しましたが、日本発祥のゲームである将棋を楽しむっていうのもアリですよ。

藤井棋士が今年の上半期に将棋界を盛り上げてくれたことにより、一時期は将棋ブームが到来したぐらいですからね。

囲碁だって同じです。

これもまた日本独自の文化が編み出したゲームですから。

オセロも実は日本生まれなんですよ。

カタカナ表記なので外国生まれかと思いきや、そうではないんです。

スマホゲームで話題の逆転オセロニアがそうです。

オセロだけどオセロだけではない、そこがこのゲームです。

ジャパニーズカルチャーといえば忘れてはならないのが、アニメですね。

アニメ観賞も立派な『文化』を楽しむ手段ですからね。

有名なところでいえば、ジブリ作品アニメや『君の名は。』といった長編アニメのDVD観賞でしょうかね。

もちろん短編アニメ作品でも構いません。

他に文化を楽しむといえば、盆栽とか茶道とかでしょうかね。

まとめ

文化の日の由来は戦後に始まり、元は明治天皇の誕生日だったわけです。

でも文化を楽しむ意味ではそんなの関係ありません。

とにかく、祝日なのでおのおのが好きなようにアニメ観賞だったり、美術館めぐりだったり、盆栽の手入れだったり、コンサートにいったりして楽しめばいいです。

簡単に言ってしまえば、この文化の日は何かを楽しむための日ってことになりますよね。

スポンサードリンク

コメントを残す