健康に良い入浴時間は?夏と冬で気を付ける事

お風呂に入ることは、その日の疲れをリフレッシュすることに繋がります。

でも夏と冬ではその最適な入浴時間が違ってきます。

人によっては長湯してしまう場合だってありますね。

でもそれはお風呂に入っていて逆に疲れてしまうような異常な事態に陥ってしまうかもしれないんですよ!

今回は夏と冬とで健康に良い最適な入浴時間について解説してきます。

スポンサードリンク


入浴とは一日の疲れを癒す場

体をフルに使う仕事をする人にとっては、動きっぱなしでそれゆえに汗をかいてしまいます。

例えば土木作業員やとび職といった外で働く人たちや、室内でも倉庫整理作業などに人たちはエアコンが効いていない状況下で作業していることでしょう。

夏場以外では、すぐに汗はひくとは思いますが、汗は体の分泌物も出したりするのでそれを拭い去るには入浴以外に効果的な方法はありません。

ごくごく一部ですが、ウェットティッシュを体の上半身だけに拭いて終わらせる人がいますが、それは疲れを癒す意味では間違った行為です。

入浴することで体を酷使した人は筋肉を使っているので、筋肉を使うことによって体の凝りなどが発生し、それをほごすことなどが目的に1つなのです。

また、入浴中は自分自身について考える時間でもあるので、体を癒しながらそれができるのっていいことだと思いますよ。

上記の画像のように泡状にした入浴剤をいれるなどをしておけば、より体を温める効果もあり、入浴剤なしの状態と比べ、体を癒す効果も違ってくると言われています。

夏の場合における健康にやさしい最適な入浴時間とは

お風呂に入るときに最適な入浴時間を知らない人が結構いると思います。

そして最適温度も…。

さて紹介していきますね。

暑い夏の場合において、37度〜39度程度の『微温浴』が適しています。

少しぬるめの温度かもしれませんが、あまり熱い温度の状態で入浴すると夏であればかえって体が火照ってしまいますよ。

冬よりは全然寒くないので快適に入浴ができ、お風呂上りでも寒むさを感じないので心身ともにリラックスできますよ。

微温浴は、リラックス気分を招く副交感神経の働きを高め、気分が落ち着く傾向があります。

微温浴であれば、自律神経のバランスが整いやすいのです。

なので夏場でよくシャワーで済ませようとする人もいますが、入浴とも言わないし本来はナシですね。

単に体の汚れを落としているだけであって、筋肉の凝りをほごすといった疲労回復の効果がないし、自律神経のバランスを取ることもできません。

スポンサードリンク

入浴時間の目安は夏場であれば15分がベストです。

冬の場合における健康にやさしい最適な入浴時間とは

秋冬は、40度〜42度くらいの『中温浴』か、真冬となると43度~45度ぐらいの『高温浴』がいいでしょう。

発汗効果も高く、新陳代謝も促してくれますからね。

さらに気温が低くなる冬には、じっくりとつかることによって血行を上げて身体を芯から温めます。

間違っても冬場にシャワーで終わるって人はいるとは思えませんがね…。

『高温浴』であれば湯船に2分ほど使ってから頭を洗うなどしましょう。

あまり温度が高い状態で入浴を続けても交感神経が過敏に反応して入浴に意味がなくなってしまいますからね。

40度程度の温度であれば半身浴でもかまいません。

半身浴は全身浴に比べて体を長時間温める効果があります。

それに心臓まで湯船に浸かるわけではありませんので、負担は少ないです。

入浴時間の目安は冬場であれば20分がベストです。

まとめ

簡単にまとめると、夏は若干ぬるめのお湯に浸かりながら15分程度、冬は少し熱めのお湯に浸かりながら20分程度入浴するのが最低なわけです。

夏場はあまりシャワーで終わらせないようにしましょう。

入浴に意味がなくなりますからね。

スポンサードリンク

コメントを残す