冬場の最適な室内温度&湿度は?

夏とは違い、冬は寒いですね。

故に自分の部屋に暖を取りながら籠る傾向にあります。

今回はそんな中で冬場の最適な室内温度&湿度について考察する内容とします。

スポンサードリンク


冬は寒いからできれば自分の部屋で過ごしたいよね…

冬は寒いからね。

とはいえ、学生さんであれば学校に行かなければならないし、社会人であれば会社に行って勤務しなければいけない…。

冬が寒いからと言って外出しないってわけにはいかないんですよ。

でもやることさえやればあとは自分の部屋にいて過ごせばいいだけの話です。

人によってはストーブで暖をとらなければなりませんし、裕福な家庭であればエアコンの温度を高めに設置して暖をとることになるわけですね。

ストーブの人は時々窓を開けて換気をしながら、その上にやかんを置いて沸騰したやかんの中に入れていた水が温まってお湯となり、その蒸気が加湿器の役割を果たすことになりそうです。

エアコンの方の場合は、別途加湿器を用意して併用しながら使うことでしょうね。

どちらにせよ冬に寒い思いをしないのであればどんな方法であれ快適に過ごせば問題ないのです。

冬場に部屋で過ごすための最適な室内温度は何度?

まず結論から言えば、20~22度が最適な環境下にあります。

18度でもいいという意見もありますが、それでは少し肌寒い感じがしますからね。

部屋着の服装はもちろん長袖を想定しておりますゆえ…。

インナーにヒートテックなどの肌着素材を着ているケースも想定しております。

上記で少し紹介しましたが、適正温度に保つには大きく分けて2種類あります。

1つは石油ストーブなどを使って温度を保つ方法です

注意してほしいのが、この場合において1時間に1回は必ず窓を開けて換気をする必要があります。

そうしないと二酸化炭素が部屋中に貯まり、空気の質が悪くなって快適に過ごせなくなってしまいます。

もう1つはエアコンを使って設定温度を上げてすごす方法です

単に設定温度を最初は30度に上げて、暑くなったころに22度などに戻して管理するわけです。

この方法の場合はストーブと違ってそこまで徹底した換気は必要ありませんが、それでも2~3時間に1度は念のため換気しておきましょう。

スポンサードリンク

寝室の場合は、電気代節約のためにエアコンは切って寝ましょうね。

冬は暖かい布団に囲まれて寝るのが一番いいですからね。

冬場に部屋で過ごすための最適な室内湿度は何%?

こちらもまず結論から言わせていただくと、60%程度を保つことが最適な条件とされています。

これは毎年の冬に流行するインフルエンザウィルスの予防対策にもつながるからです。

インフルエンザウィルスは部屋の温度が20度以上で、湿度が最低でも50%、多くても60%の間に保てば活動を鈍らせることができるからです。

まあ、活動・増殖の抑制ですかね。

湿度が高ければ、インフルエンザウィルスに水分が付着し、重くなって床に落ちやすくなって掃除機をかければ自動的に吸い込むことになるわけで、そうなるとインフルエンザウィルスに感染するリスクも相対的に減ることにつながるのです。

その湿度をうまく保つ方法は、上記で説明した部屋の温度をどうバランスよく適正温度に保っているかによって変わってきます。

まずストーブを使った場合だと、ぬれたタオルをかけておいてかつ、やかんをストーブの上にあげておくことで自動的に湿度を適正な値に持ってこれるでしょう。

エアコンで管理している場合だと、加湿器を使って保ちましょう。

加湿器の場合は、最近だとウィルス対策に特化したものが販売されているので、お値段は今は度外視して、気になる人は購入しておいた方が確実性があるのでその方がいいです。

冬において自分の部屋で快適に過ごすにはこういった配慮が必要になってきます。

スポンサードリンク

コメントを残す