市販の『のど飴』どれが効くのか?効果とおすすめ

人間働いていたり、何かしらの作業がたて続きに行われると体調を崩す場合があります。

その前兆としてのどのイガイガや痛みが挙げられます。

予防のために市販ののど飴を買って食べる人がいるわけです。

どうゆうわけかかかりつけのクリニックに行くまでもなく、かといってクリニックに行けば自分の体調のために少しお高い出費をすることになるので、なおさら市販ののど飴を食べて何とかしようとするわけです。

今回は独自の見解でまとめた市販の『のど飴』はどれが効果が高いのかや、おすすめのものを取り上げました。

スポンサードリンク


単純にのど飴を買っても…

突然何かしらの不調を感じてのど飴を買うケースはよくあります。

例えばコンビニで上記の画像のタイプののど飴はよく買われます。

外回りの営業マンがとりあえず購入する場合や、小学生などが買っていく場合だってあるのです。

でもそれは一時しのぎでしかありません

不調が原因を根本的に何とかしないと意味がないのです。

ストレスによる自律神経の乱れや、職場で風邪ひきマンが思いっきりマスクをせずにくしゃみを飛散させている場合であればウィルスがばらまかれるのでもっとたちが悪いですよね。

こういった場合は単純にのど飴をなめていても効果はすぐに切れます。

いわばお金の無駄使いですよね。

のど飴にはいろんな種類がある!

さっきののど飴以外にも、のど飴には種類がたくさんあります。

この上記の画像のようにね。

例えば、ヴィックスメディケットドロップレモン味やノーベルのビタミンC3000mgののど飴、味覚糖のど飴やロッテの梅エキス入りののど飴なんかがあります。

しかし、たくさんありすぎてどれを選んでいいのかわかりませんよね。

自分に合ったのど飴を見つけるにはある程度の出費はやむを得ないことなのです。

そしてやっと自分好みののど飴に行く着くわけですよ。

効果が高くておすすめは……

ネットでも噂になるほどですが、市販ののど飴の中で一番効くのがこの龍角散のど飴だと言われています。

なんで効くのかというと、その理由は人体ののどにうまく溶け込んで効くような成分の配合がカギだとされています。

スポンサードリンク

くわしい配合成分は企業秘密になっていた明らかになっていませんが、7割がたに人がこののど飴のおかげでクリニックに行かなくて済んだと答えている人です。

でもすべての人に適合するわけではありません。

場合によっては副作用をおこして、食べられなくなる人もいるぐらい苦いです。

こののど飴は私も舐めたことがありますが、マジで苦いです。

『良薬は口に苦し』とは言いますが、本当に苦いです。

上記のようなビタミンC成分入りののど飴と比較すれば甘いとか酸っぱいとったのど飴ではないわけです。

あくまで薬としてではなく、それに極力近づけたモノなので、薬ではありません。

喉痛みが悪化するようであればかかりつけのクリニックに言って薬を処方してもらった方が治りが圧倒的に早いです。

こういったのど飴は風邪の初期症状とか、初期症状になる前に予防するためのものなわけで、風邪を引いてから飲む薬とは違うわけです。

したがって、風邪を引いてからのど飴をなめても、症状の悪化を防ぐだけで、根本的な治療ではないのです。

ちなみに龍角散のど飴以外で、効くのど飴と言えばエスタックのど飴や、ヴィックス系ののど飴でしょうかね。

まとめ

外回りの営業マンとか風邪を引きやすい人は一番効くのど飴として龍角散のど飴を携帯しておくといいでしょう。

人によって好みが分かれるわけですが、のど飴として販売されている何かしらの商品よりは、確実に効能を発揮するような期待値の高いのど飴を買った方がいいです。

例えそれが自分が好きでない味ののど飴としても、予防という観点で所持しておいた方が身のためです。

スポンサードリンク

コメントを残す