恋人と過ごすなら『クリスマス』と『クリスマスイブ』どっち?

毎年の12月24と25日はクリスマスイベントが開かれるほど盛況な行事と化しています。

カップルならこの時期に一緒に過ごさないはずがありません。

でもクリスマスといえど24日の『クリスマスイブ』と25日の本番の『クリスマス』があるわけで、どっちの日に一緒に過ごすのかってあまり深く考えたことはありませんでした。

そう、私もそうです。

今回は恋人と過ごすなら『クリスマス』と『クリスマスイブ』どっちなのか独自の視点で考察してみました。

スポンサードリンク


クリスマスというイベントを全体像でまず考えてみた

日本ではクリスマスってチキンを食べたり、靴下を下げてサンタさんにプレゼントをお願いしてみたり、パーティーをして盛り上がったりと楽しいイベントとして過ごすことが多いです。

クリスマスイベントとしてケーキを販売する小売店や百貨店がある一方で、ケンタッキーフライドチキンではチキンゆえに大掛かりな戦略で販売に磨きをかけて売り込みをしています。

クリスマスは楽しく過ごす中で、企業にとっては大きな稼ぎ時といえるのでそこで働く従業員は休みを取れずに大変だと思います。

そしてカップルがやってくれば、自分もクリスマスに一緒にデートしたいのに仕事で…、と思うことでしょう。

要するに、大人の場合だとクリスマスは光り輝くオーラを放って楽しんでいる人から、仕方なく仕事をして過ごしてちょっとモヤモヤした状態で過ごす人に大別させるわけですよ。

独自の視点でカップルが一緒に過ごすのか検証

『クリスマス』と『クリスマスイブ』、どちらの日に恋人と一緒に過ごすのかというと、こういった背景を知っておけばおのずとどちらの日に過ごせばいいのか答えは出るはずです。

それぞれに日にスポットを当てて考えてみました。

クリスマスイブ

もともとクリスマスイブというのはイブ(イブニング/夕方)なのですよ。

ってことは…、そうです。

下記に記す前に結論から申し上げると、クリスマスとクリスマスイブは同じ日なんですよ~。

その理由は昔のキリスト教やユダヤ教でのクリスマスの境界(クリスマスの有効時間)が日没にセットさせたことが理由ってわけです。

でも我々日本人の感覚からすればクリスマスイブはクリスマスの前日で25日のクリスマスが本番って感じですね。

クリスマス

こちらはツリーも飾られて本番気分が漂ってきますね。

でも先ほど説明した通り、『クリスマスの有効期限は日没…』はっきりいって25日の夜にはもうクリスマスじゃないんですよ。

ただイルミネーションはその日の夜でも光り輝いています。

このイルミネーションのような光景は主に第二次大戦後にあとづけされたものなんですよねこれが!

スポンサードリンク

現代の子供はこの光り輝く幻想的な光景が当たり前の『クリスマス』ってわけですね…。

で、一緒の過ごすのなら…

ここで本題に入ります。

恋人と一緒に過ごすならクリスマスイブの方がオススメです。

それは24日の夜以降になりますがね。

理由として先ほども申し上げた通り、クリスマスの本番は24日の夜から始まります。

それにどんなお祭りでも始まる前が盛り上がりのピークがやってくるわけで、このクリスマスの例外ではありません。

またイブってアダムとイブのお話で登場する女性のことと解釈することができます。

その日に男のアダムと女のイブが一緒に過ごした日と仮定すれば、クリスマス本番で一緒に過ごすよりムードが漂いますよね。

そしてホテルに…

ちなみにクリスマスに一緒に過ごすこともできますが、『これは一瞬いた』ことを示すだけで、クリスマスイブのようなムードにはなれません。

それに25日の夜にはクリスマスが名目上は終了しているので、もし25日に一緒に過ごしたい方はお昼のデートしかないと考えますね。

スポンサードリンク

コメントを残す