クリスマスカラーの意味と由来

クリスマスの時期になると街のカラーもクリスマス一色となりますが、皆さんはクリスマスのカラーにも意味があることをご存知でしょうか?

普段見ているクリスマスのカラーリングがこの記事を読んだらちょっと変わるかもしれません。

スポンサードリンク


クリスマスの代表的な色

クリスマスのカラーといえば赤や緑、あとは白なんかがぱっと浮かぶとは思います。

あとは装飾なんかでは金色なんかも使われることが多いですし、街のイルミネーションに青色なんかも使われているのを見かけます。

古来から人は色に様々な意味やイメージなどをこめてきました。

クリスマスがキリストに関連する行事であれば当然ながらクリスマスカラーにはキリストにまつわる意味が込められています

赤色の由来

クリスマスの赤色と言えばサンタさんの着ている服が特徴的。日本ではイベントとしてのイメージが強いクリスマスですが元々はイエス・キリストの生誕を祝うお祭りです。

キリスト教では赤色はキリストの「血の色」。

罪をあがなうために十字架に磔にされて死を迎えたキリストの「愛」を象徴する色だそうです。まぁ愛の色と言われたら赤色はそれっぽいですよね。

ちなみにサンタの服が赤いのは血の色ではなく、元々のモデルである「聖ニコラス」が着ていたカトリック教会の祭服が赤い色をしていたからだそうです。

もし血の色だったら猟奇的で怖すぎです。

緑色の由来

クリスマスツリーであるモミの木のカラーである緑色。

冬になっても葉が枯れず青々としている常緑樹であるモミの木は「希望の木」と言われていました。

またモミの木は葉は十字架のようにも見えるためキリスト教的にもクリスマスに縁のある植物です。

一年中緑色であるモミの木は強い生命力の象徴であり、「永遠の命」と言った意味が込められています。

また緑色は赤色と補色関係にある色。お互いが引き立てあう関係にあります。

なんとなくでモミの木が使われていたわけじゃないんですねぇ。

白色の由来

白色と言えば雪のイメージ。純潔や清らかさを象徴する白色には「平和」や「始まり」といった意味があるため、新しい年を迎えるのに相応しい色です。

また赤色と緑色だけだと目がちかちかしてしまいそうになりますが、色遣いに白色が入る事によって全体のバランスも良くなります。

決してメインになる色ではありませんが、クリスマスのイメージには欠かせませんね。

少なくともこの色がなければ街のイルミネーションで目が疲れてしまいそうです。

スポンサードリンク

金色の由来

金色は「高貴さ」や「富」を象徴する色。

新年を迎えるにあたり豊かさや富などの願いが金色には込められています。

誰しもお金とかは欲しいだろうし、そこらへんは昔から変わらないんでしょうね。

非常に主張の強い色でもありますが、赤色や緑色の配色にワンポイントだけでも金色が入っていると、途端にゴージャスな雰囲気が出ます。

青の由来

冬場の青というとちょっと寒々しいイメージがありますが、北欧のクリスマスカラーは「青」と「白」ってご存知でしたか?

今はコカ・コーラ社の影響もあり赤いサンタクロースが定番となっていますが、それまでは青や白のサンタクロースもいたみたいです。

赤が人を興奮させる色であるのに対し、青は人を冷静にさせる色。

全く正反対な色ですが、街中がクリスマスの明るい雰囲気のため逆のベクトルを持つ青はぐっと目を引きます。

青い色を広告よりもイルミネーションで見かけるのはこのためかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

普段は気にしないクリスマスのカラーも由来なんかを知るとさらにクリスマスが楽しめると思います。

もしクリスマスの飾り付けをするときなどはこの色合いなどを意識して配色してみてください。

また家族や恋人と過ごす時にこの話をしてみるとより一層クリスマスが盛り上がると思います。

 

スポンサードリンク

コメントを残す