クリスマスにケンタッキーが人気の理由

クリスマスが近づくとケンタッキーのCMを耳にすることがあります。

なんだか風物詩のような感じがしますが、よく考えてみるとクリスマスに食べるのってフライドチキンじゃなくて七面鳥ですよね。

なんでクリスマスにケンタッキーなんでしょうか?

今回はそんな疑問を掘り下げていきます。

スポンサードリンク


世界的にみたクリスマス

世間一般ではクリスマスといえばチキンという風潮ですが、世界に目を向けてみると、どうやら違うようです。

専ら食べられているのはチキンではなく七面鳥です。

現代の日本人だと映画の中とかでしか見たことないって人は結構いそうですね。

外国の人からするとこれがかなり不思議に見えるみたいで

「なんで日本人はクリスマスにファーストフード食べてるの?」

と思うようです。

同じ鶏肉だし大差ないような気がしますが、料理としては全く別物。

我々の価値観からすると年越し蕎麦の変わりにラーメン食べるような物なのでしょうか?

というか何で七面鳥じゃないとダメなのでしょうか。

宗教的になにか理由があるのかと思ったら、どうもそうではないようです。

もともとこの七面鳥を食べる風習はヨーロッパの方がルーツ。

しかも時代がかなり古く、16世紀よりも前には食べていたみたいです。

といってもその頃食べられていたのは七面鳥ではなくガチョウのようです。

どんな鳥か分からないって人は世界三台珍味のキャビアとトリュフ以外の何かを思い浮かべてください。

そんなヨーロッパの人たちが大航海の果てにアメリカ大陸へ文化を持ち込み、代わりに七面鳥を持ち帰って

「お、七面鳥の方がでかいし、今度からガチョウじゃなくて七面鳥で祝おうぜ」

という感じで今日に至るみたいです。

結構歴史が古いけど宗教的に七面鳥じゃないといけないわけじゃないみたいです。

スポンサードリンク

 

日本的なクリスマス

さてクリスマスに七面鳥を食べる理由は分かりましたが、何故日本では食べられていないのでしょうか。

元々祝い事に鳥の丸焼きを食べる文化などなかった日本でもクリスマス文化が入って来た時に七面鳥を食べようとしたみたいなんですけど……

まず高い。

日本には生息してないからスーパーでもそんなに見かけないし、あっても流通量が少ないせいで高いし……。

七面鳥丸々一匹と同じ金額で鳥胸肉何キロ買えるんだよって位高いんですよ。

おまけに買えたとしても、七面鳥を丸焼きに出来るオーブンなんて日本の一般家庭にはありません。

当然ながら七面鳥がクリスマスの料理として日本に根付くわけもなく……という感じです。

じゃあ何で変わりにケンタッキーのチキンが食べられるようになったのでしょうか。

実はこれ、ケンタッキーの販売戦略によるものなのです。

七面鳥が手に入りにくかった当時の外国人が変わりにケンタッキーのチキンで済ませようとしたらしく、これにヒントを得た営業担当者が「クリスマスにケンタッキー」を広くアピールしたのが始まりみたいです。

いまやクリスマスにチキンを食べるのが当たり前と言っても過言ではないほど定着してしまっています。

クリスマス前後の3日間は普段の10倍ほどまで売り上げが伸びるそうです。

クリスマスにチキンと言う当たり前の組み合わせも、詳しく調べてみると意外な理由があるものですね。

宗教的に全くキリストの生誕とか祝ってないので、クリスマス自体が最早別のなにかになっている気もしますが……。

まぁ家族でお祝いするんだし無粋な事は抜きにして、クリスマスはケンタッキーの売り上げに貢献しましょう。

あ、私は貧乏性なのでチキンライスが良いです。

スポンサードリンク

コメントを残す