iPhoneでアプリが震えない【3D Touch】

iPhoneでアプリを削除する際にアプリアイコンが震え左上に×マークが表示されます。

しかしiPhone6/s以降の利用者で時々アプリが消せない!アプリが震えないと聞かれることがあります。

※アプリアイコンの移動にも震えさせる必要がありますね。

その対処方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


iPhone利用者のアプリ削除方法はアイコンから消す方法と設定から消す方法がありますよね。

きっと多くの利用者は前者のアイコンから消すと思います。

アイコンから消す流れは下記の通りです。

  1. アイコンを長押しする
  2. 削除ボタン[×]をタップする
  3. [削除]をタップする
  4. ホームボタンをクリックする
  5. 「アプリ」のページを表示する
  6. インストールされているアプリが表示される
  7. ホーム画面のアプリを削除する
  8. [完了]をクリックする

しかしiPhone6/s以降でiOS10以上の方は上手く行かない時があります。

その理由はiOS10のアップデートの再に「3D Touch」と言う機能が追加されたためです。

3D Touchとは

iPhone 6s/6s Plus/7/7 Plusには、「3D Touch(3Dタッチ)」という新機能が搭載されています。少し強く押すことで様々な機能が使えるようになっています。

簡単に言うと画面を押す時に強く押すか、触れるくらいの優しく押すかの2つの選択が出来るようになりました。と言う事です。

iPhone6/s以降でiOS10以上アプリを消すには

察している方は既にいると思いますが、3DTouch機能を利用している端末の場合

・アプリアイコンを強く押す=アプリの共有設定が開きます。

・アプリアイコンを触れている程度の優しく押す=アプリが振るえ×マークが出ます。

震えだしたら移動やアプリ削除が可能になります。

3DTouchの設定

設定>一般>アクセシビリティ>3DTouch

この中で3DTouchをオフにすれば強く押しても優しく押してもアプリが震えだします。

特にこの機能が不要だと思う方は設定して見て下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す