福袋の中身に何が入っているのか?平均予算はいくら?

お正月になればいろんな行事が行われますね。

その中の1つが、年に1度の超お買い得セールであるお正月福袋販売なのです。

気になるんですよ、毎年の福袋の中身って…。

福袋にはほとんどのお店で封がしてあり、中身をこの目で伺うことができないのです。

今回はその福袋の中身について独自に考察したうえで、一般的に福袋にどれだけのお金を使うのかも考えてみることにします。

スポンサードリンク


福袋ってロマンがあって購買意欲がそそるよね

毎年になるとこのセールが全国各地で行われます。

元日ではなく、2日から行われることが多いです。

って元日にあまり多くのお金を使いすぎれば、諸説ありますが、その年にお金に恵まれないので…。

それはさておき、福袋は基本的には消費者がお得になるようにされています。

万が一、損したら福袋じゃないですからね。

言うまでもありませんが、中身が見えないからこそロマンがあるわけですからね。

これが見えてしまったら、どれかの福袋は残ってしまいますよ…。

そうするとロマンがなくなってしまいます。

かといって欲しいものがその中に必ずしもあるとは限らず、逆にいらないものを掴ませてしまうかもしれません。

企業側からすれば、在庫を抱えていた場合においては一掃できますからね。

売れないものと、売れているものを抱き合わせして販売できるからメリットがあるわけですよ。

つまり福袋は、消費者にも企業側にも双方メリットがある1年に1度のビックチャンスと言える場なわけです。

福袋の中身について考えてみた

これはスターバックス用品ですね。

とあるイベントで福袋の中身を公開したことがありますので、そこから来ています。

スターバックスであれば、コーヒー関係のモノが入っていることは容易に想像できます。

コーヒーカップや、オリジナルドリップコーヒーなどが入っていますね。

逆に予想するのが難しいのが、東京などにある百貨店の福袋です。

スポンサードリンク

百貨店の場合は、カテゴリーごとに食品・ビール・メンズ用品・レディース用品・レジャー用品などに分かれてはいますが、その中身を詳しく知ることが難しいです。

例えば食品の場合だと、お正月ギフトセットの売れ残りが入っていること自体予想できますが、どれが入っているのかわかりません。

企業側の視点から考えると、アレとアレを入れて本当は通常価格2000円のところを、在庫一掃したいこともあり売れてほしいから思い切って1000円にすると考えます。

賞味期限が過ぎて売れ残りの廃棄にはしたくありませんからね。

消費者がその商品に対して当たりとみなすか、ハズレとみなすかですね。

その商品がハムセットとチーズセットなのであれば、ハムとチーズを食べない人あるいは嫌いな人にとっては安くてお買い得なわけなのだがハズレなわけです。

逆に好きな人にとっては大当りなわけなので、こればかりは本当に運の要素が絡んできます。

福袋ってわかりませんよね、触って選んでいる暇なんてありませんからね。

福袋に使う平均予算はどれくらい?

これは人によって大きく変わります。

ですが、ここではサラリーマンの平均年収がそこそこな方に合わせた感じで紹介します。

様々なデータがありますが、結果的に総合すると福袋の予算は1~3万円の間の人が多いようです。

福袋を全く買わず…、買う余裕がなく0円の人もいますがね。

福袋を買う人は1か所にとどまらず、その日に別な場所にもいって欲しいモノが入ってそうなジャンルの福袋を買うわけですからね。

あまりお金がなかった時に私の予算は1万円が限度でしたので、買えても福袋が1つか2つ程度でした。

それでいいのかもしれませんね。

多く買いすぎても置き所に困りますからね。

1万円でも十分に元がとれてほしい物が何かしら入っているからいいんですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す