正月に食べるおせちの意味

皆さん、お正月に食べるものと言えば、おせち料理ですよね。

地方によっていろいろと違いがありますけどね。

でもなんで『おせち料理』なんでしょうね。

今回は正月に食べるおせちの意味や、なんでおせちと呼ばれるのかなどについて考察する内容とします。

スポンサードリンク


「おせち料理」の起源とは

おせち料理は、今となってはお正月に食べるお祝いの料理のことを指していますね。

実はその起源は古く、弥生時代と一般的にいわれています。

狩りをして暮らしていた縄文時代とお米を作るようになった弥生時代、彼らの時代は天に祈願するなどして大漁や豊作を願い、自然の恵みに感謝して食べた料理のことを【節供料理】といいます。

これがおせち料理の始まりってわけですよ。

おせちを食べる意味って?

おせち料理にはそれぞれ意味があります。

単に魚や野菜を詰め合わせた料理ではないのですよ。

基本的には三段重となっている場合が多いですね。

一番上の壱の重とも呼ばれているところには『祝い肴』と呼ばれるものが入っています。

代表的なものでいえば、数の子や黒まめですね。

数の子には子宝に恵まれ、子孫繁栄の意味があり、ニシンの子ゆえに『二親健在』にも通じる、という意味もあるのです。

黒豆にはまめに働き、まめに暮らせるように、まめに稼いで黒字となるという意味があるんですよ。

他にも壱の重にはいっている食材はたくさんあり、上記のようにプラスの意味で食材を入れることになっています。

真ん中の弐の重と呼ばれるところには、ブリや鯛が入っている場合が多いですね。

知っているかとは思いますが、ブリは大きさによって名前が変わる出世魚で立身出世を願う意味合いから使われているのです。

鯛はもちろんお正月ゆえに「めでたい」から使われているのですよ

そして一番下の三の重と呼ばれるところには山菜が入っていて、中でも多く見かけるのが、レンコンとごぼうですね。

レンコンはたくさん穴があいていることから、将来の見渡せて最適な選択肢を選ぶようにする意味で、ごぼうは根を深く張り代々続く事柄を修める意味合いで使われているのです。

このようにただ単純におせち料理の具材が入っているのではなく、ある一定の意味合いと決まりで持って消費者にいきわたるわけですよ。

おせち料理は人によって好みが変わる特殊な日本料理

スポンサードリンク

おせち料理って、私がまだ小さいころはあまり食べたいとは思いませんでした。

小さいころはから揚げとか野菜いため、カレーライスなどの現代的な料理が好きでしたからね。

小学生や中学生であれば誰しもが思うことでしょうよ。

それにおせち料理って画像の様な生エビやつくだ煮、伊達巻き、黒豆やかまぼこなど普段は食卓に並ばないものばかりが出てきますからね。

その中でもレンコンは今でも苦手で克服できていません。

生シイタケの炒め物、にんじんの和え物は食べてなんとか克服できましたがね。

このようなおかずでは、仮に白いご飯があったとしてもご飯と一緒に食べるおかずがあるとは思えませんなんだ…。

上記のように食べればご利益があるかもしれないのに当時の私はそれを知らず、食べたくないものは一切手を付けませんでした。

当時の私がかろうじて食べることができたのは、ブリとごぼう、くりきんとんぐらいでしょうかね。

仮におせち料理を出されても当時の私であればほとんど手を付けることができなかったでしょうね。

それ故に私はあまった正月のお餅で力うどんを食べたり、普通にから揚げやウィンナーの炒め物、そしてカレーライスを食べていた記憶があります。

これは他の皆さんも同じ気持ちだと思うので代弁させていただきました。

きっと大人になれば私のように食べられる食材が増えてくると思うので、まだ小さいころは別に手を付けなくてもいいですが、少しでも食べられるようにならないと、今度自分が親になった時に子供に顔向けできませんからね。

スポンサードリンク

コメントを残す