欲しい物がある場合年末年始どっちがお得か

人間だれしも欲しいモノが、日々の暮らしの中で出てきますよね。

それが年末年始の時になればどうでしょう。

買いたいけどちょっと…。

今回はそんな悩めるみなさんに欲しい物がある場合年末年始どっちがお得なのか独自の視点でまとめてみました。

スポンサードリンク


欲しいものを買うためにはまず必要なのが…

まず、なんといってもほしいものを手に入れるためには『お金』という先立つものが必要なのですよ。

これがないと買いたいものを買うことができるわけないでしょ。

すいません、当たり前のことを言って…。

年末年始にかけて買い物をする場合は、大人であれば冬のボーナスを支給されたらあまり使わずにその時までにとっておけばいいし、大人に比べれば資金的に劣る子供の場合は、お正月に手に入れたお年玉を使ってほしいものを買えばどうでしょうか?

高校生であれば、バイトをしてお金を貯めても問題ありませんね。

年末に欲しいものを買う場合

このパターンの場合は、高校生以上が対象になるかもしれませんね。

欲しいものを小学生のお小遣いでは上記の様な家電は買えませんからね。

それに企業が年末決算セールで商品を安くしている場合が多いです。

年末に欲しいものを買うならソコを狙いましょう。

企業側にとって売り上げの決算はとても重要なので、それが来年3月末の決算を通して6月の株主総会まで影響を及ぼしますので、ここでの売り上げというのは猫の手を借りてでも1円でも多く欲しいのが本音と言えます。

また、食品を扱うスーパーではお歳暮のあまりなどで消費期限が近付いていることもあってか半額になったりします。

それをばら売りにしてね。

あとはネット通販のセールも同様なサービスをしているので、そちらをチェックするのもありですね。

年始に欲しいものを買う場合

こちらの場合は、1月1日は避け、2日から福袋セール狙いで買うといいでしょう。

ある意味では年末よりもかなりお買い得といえます。

欲しいジャンルを選び、ピンポイントでそのお目当てモノを手に入れられるかどうかはわかりませんが、手に入れれば超お買い得といえます。

ただ、早くからお客さんが並んでいるので、多少の労力がいります…。

スポンサードリンク

開店時間より数時間早めに行って、並んでいる必要があるからです。

並ぶのがいやな人は向かないかもしれません…。

結果としてどちらがオススメで効率がいいのか?

こちらのサイトでは欲しい物がある場合に『年末』を支持します。

その理由は、【選択肢が豊富】だからです。

先ほども少し紹介しましたが、企業側が原価を度外視してでも売り上げをあげたいから安くしているんですよ。

年始の福袋の場合は、必ずしも欲しいものが手に入るとは限りません。

そのジャンル(メンズ用品であればそれ)に関しては全体的に安く購入できるものの、ピンポイントでその商品を手に入れられるとは限らないからです。

他に、正月になれば食品を含めたモノが割高になって販売されていることが多いので、正月にモノを買うのは福袋以外ではあまりオススメできませんし、期待できません。

それに混んでいるし、大変ですよ。

私も経験ありますからね。

そう考えると、福袋よりもお買い得感が若干薄れるものの、確実に欲しいものが買えるのが年末のセールなのです。

上記の画像の様な年末感謝祭などとうたって、幅広いものを安く売りに出してきます。

例えば、DVDレコーダーを買いたい場合であれば、いくつかの家電量販店の広告を見極めたうえで、お得なお店に行って買えばいいだけの話です。

そして年末であれば売り上げがとにかく欲しいお店側にとって、多少の値引きも許容範囲内として認めることがあるので、消費者にとってはそれよりも安く買えるうれしいかぎりです。

スポンサードリンク

コメントを残す