お正月になんで甘酒を飲むのか

お正月に初詣に行けば、地域によっては甘酒を振る舞うところがあります。

でもなんでお正月に甘酒なんでしょうか?

今回は単純にお正月になんで甘酒を飲むのかについて独自の見解を含めながら掘り下げていく内容にします。

スポンサードリンク


甘酒っていつでも飲めるのだけど…

甘酒って、個人的に言わせれば森永から販売されている『甘酒』が一番知名度があると思います。

その気になれば、甘酒なんてはっきり言っていつでも飲めますからね。

でも個人的にはそんなに飲む機会ってないです。

お酒が嫌いなわけではありませんが、自動販売機に売られていても自分からは買いませんね。

誰かが余り物として、私にくれたら飲みますが、それ以外では飲むこと自体ないです。

お酒が好きな人はむしろ、日本酒でしょうよ。

毎日の晩酌にビールとおつまみと日本酒って感じでね…。

別な視点から考えると、甘いモノが嫌いな人はなおさら甘酒なんて飲まないでしょうね。

お正月に甘酒を飲む意味はあるのか

初詣で神社に行くと甘酒もタダで振る舞われていることがあります。

でもそれは日本全国ではなく、一部の地域だけ行っている風習なわけです。

甘酒を振る舞って飲む意味とは、昔の米農家が収穫を感謝し、甘酒を作って供えるという風習があり、その流れで甘酒が振る舞われていると考えられています。

知らない方もいると思いますが、神社で振る舞われたりする米麹が原料の甘酒には『アルコール成分』は含まれておりません。

ただ、酒粕を原料とする甘酒にはアルコールが含まれているので飲酒に繋がる事があるようです。

車で初詣にきている運転手のかたは、タダの甘酒とはいえ遠慮しておいた方が身のためですね。

もし帰りに、警察の検問を受けてたまたま呼気検査をする羽目になってしまったら…。

甘酒に仮にアルコール成分が入っていたとしても、1%程度なので1000ml以上飲まない限りはたぶん大丈夫です…。

飲むか飲まないかは自己責任とさせていただきます。

甘酒について独自解説

神社にいって振る舞われるお酒は甘酒ではなく、主に御屠蘇(おとそ)という、お正月に飲む縁起のよいお酒のことです。

スポンサードリンク

これを飲むと無病息災を祈る効果があるとされています。

もしそれがない場合に、御屠蘇の代わりに甘酒が振る舞われるってわけです。

それが上記で紹介した一部の例です。

甘酒は体が冷えている時に飲むと体を温める効果があると言われていますね。

確かにそうかもしれません。

私の経験からして、甘酒は確かにおいしいんですが、私が住んでいる近くの神社で配られる甘酒はあまりにも甘すぎますね。

まだ森永で販売されている缶の甘酒の方がマシでした…。

甘酒はお酒が好きな人と甘党な方にとっては最高の飲み物だと私は思いますね。

ちなみに私の友人は甘酒を飲みすぎて、その次の日に胸焼けしてそれが治まらずに正月を寝て過ごす羽目になったようなので、それを聞いて私は飲んでも1杯だけにすると決めました。

無料で配られるからと言って、欲をして飲みすぎると逆効果になりかねませんからね。

飲んだことがない方のために、どんな味がするのかというと…。

森永の甘酒ではありませんよ。

神社で振る舞われた時の甘酒の味のことを語ります。

酒粕を原料としているようで、ほのかにアルコール成分が感じ取れました。

甘さが先行して、飲みやすかったのはいいですが、アルコール成分によって多少苦みが感じられました。

これはあくまで、私の住んでいる近所の神社で配られた時の甘酒の味なので参考になるかどうかはわかりませんが、こういった味がしました。

私はどちらかというと、米麹から作られた甘酒を飲んでみたいです。

米麹から作る甘酒は酒粕から作るよりも時間がかかってしまうみたいですが、機会があれば飲んでみたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す