ケーキの予約は何日前にするべき?予約の仕方とサイズの目安

ケーキっておいしいですよね。

誕生日などでは1ホールごと買う人もいるかと思います。

でもせっかくの誕生日なのに、下手すれば場合によっては失敗するかもしれませんよ。

またケーキの予約することも大事です。

今回はケーキの予約は何日前にするべきなのか、また予約の仕方とサイズの目安についても解説していきます。

スポンサードリンク


ケーキを食べるイベントで多いのは…

結論から言って、ケーキをホールごと予約して買うイベントが最も多いのが【誕生日】と言ってよいでしょう。

甘いものが最初から嫌いな人であれば別だが、ケーキ自体子供から大人まで好きな人が多いですからね。

その中で、結婚記念日やこどもの日、1月15日のイチゴの日を抑えて、自分の誕生日というイベントでケーキを1ホール買って食べるのが多いのですよ。

だって自分の誕生日って、自分からしたら、自分だけの特別な日ですからね。

それに1ホールでも買わなきゃ、火を吹き消す時のろうそくなんて満足にさせませんからね。

それだけ誕生日にケーキがなければ始まらない人がいるわけですよ。

ケーキを何日前に予約するのが最適なのか

その日が自分の誕生日で、いざケーキ屋さんに行ってケーキを買うわけですが、お目当てものがすでに売り切れだったらどうしますか?

お目当てのケーキを見つけてもすでにカットされたショートケーキのようなものだったら誕生日気分を醸し出す材料としては不足しますよね。

だから、そんな事態を避けるためにケーキ屋さんでケーキの予約をしておく必要があります。

ケーキの賞味期限自体は洋菓子なので短いです。

作ってから1~2日が多く、特殊な製法で作られたものでも1週間も持ちません。

もちろん冷蔵庫で正しく保管したいた場合に限ります。

仕事で忙しい人は最低でも1週間前に予約しておきましょう。

忘れちゃいますからね。

また、誕生日が11月11日の人がいたとして、ケーキ屋さんによってはその前日までに予約を入れても大丈夫な場合があります。

向こうはプロなので賞味期限の短さをよく知っているので、予約を入れた日にケーキを作るわけではありませんので、安心してください。

個人的には3日前がオススメです。

スポンサードリンク

誕生日があと3日で来るという、楽しみを忘れずにキープできるちょうどいい期間だからですね。

余談ですが、ケーキ1ホールの平均価格は最低でも2,000円、特殊な素材を使っているもので3,000円ぐらいはしますので、予算の管理もお忘れなく。



予約の仕方などによっても変わってくる

ケーキには予約の仕方があります。

簡単に言えば、電話1本で済ませされるとは思いますが、それと何人が自分の誕生日を祝ってくれるのかによって頼むケーキのサイズも変わってくると思います。

本来は、お気に入りのケーキ屋さんにじかに行って注文・予約すれば最適なサイズもケーキを注文することができるのでオススメです。

それを電話やメール、ネット通販などで頼めば、『○○さん、おたんじょうびおめでとう』なんてデコレーションをやってくれないと思います。

細かい粋な演出ができない場合が、そういった注文方法になってしまうでしょう。

だから自分でそのお店に直接出向き、細かいことを店員さんに伝え、こうしてほしいなどの要望を聞き入れてもらったほうが無難かもしれません。

他の事例として、有名なケーキ屋さんでそこから遠い地域に住んでいる人から電話やメールなどで注文が入った場合は、おそらくケーキ屋さんで【何か特段事項はありますか】と聞いてくるか、記載されているはずです。

またケーキのサイズに関しては、一人誕生日会の人は一番小さいホールのサイズ、10人以上でケーキ同好会みたいな人たちが頼むのなら割と大きいサイズを注文すると、ケーキを余すことなく消化できるので、そういった面も考慮する必要がありますね。

スポンサードリンク

コメントを残す