浴衣、着物、振袖の違い。成人式や卒業式等に着ていくのは

ハレの日や イベントで着る事のある和服。

そのなかでも浴衣、着物、振袖の違いって皆さんはご存知でしょうか?

大抵の人はこれらをなんとなくで見分けられますが、何が違うのかと聞かれるとどう答えればいいのか分かりませんよね。

今回は浴衣、着物、振袖の特徴などについてまとめます。

スポンサードリンク


浴衣

夏のお祭りや旅館などで着る事のある浴衣。

薄手の生地で価格も安く、お祭りなどちょっとしたイベントには着ていけますが、結婚式などのフォーマルなイベントには着ていけません。

生地自体は木綿が主体です。麻や絹などを使った物もありますが、元々は寝巻き着だったという経緯のため薄い生地をしています。

最近では鮮やかな柄なども多いので、見た目だけなら着物などとあまり変わりませんが、生地が薄いため浴衣と着物を見間違える事はないと思います。

他に特徴的な点を上げるとすれば、襦袢を着ないという点と足袋を履かないという点が上げられます。

襦袢とは和服を着るときにつける下着のような物です。

旅館などで浴衣を着る際、直接着るという人は多いと思います。

また、お祭りの際に下駄を履くときも裸足のままという場合が多いのではないでしょうか。

実は浴衣で足袋を履くこと事態には問題がありません。

特に日本舞踊や演劇の稽古着として使う際は足袋を履く場合が多いようです。

普段着としての扱いであり、礼装ではないので、行事などに来ていくことは出来ません。

着物

和服の総称とも言えるため、かなり幅が広く普段のお出かけに着れるものから、特定の場合にしか着れないものまで様々。

浴衣も振袖も着物の一種と考えればイメージがつきやすいと思います。

普段着としての着物もあれば、正装としての着物もあるので行事やイベントにあったものを着ていかないと恥をかくことになります。

特に既婚か未婚かどうかで着るべき礼装も変わってくるので注意が必要です。

価格帯もかなり幅が広く、着物を着たことの無い方がいきなり買うのは実はかなりハードルが高い代物です。

なかにはインクジェットのプリント着物もあるようで、そういったものは価格が安い傾向にあります。

ですが普段着物に触れる機会がない人が良し悪しを判断するのは難しいです。

スポンサードリンク

しかし高級な物となると、世代を超えて引き継げる物なので買う際はじっくりと時間をかけて選んでください。

少なくとも来店してその日のうちに決めるような買い方はいけません。

もし知り合いに日本舞踊などをしている人がいれば是非相談してください。

知り合いの方が詳しくなくてもその先生などは普段から着物に触れる機会が多いため的確なアドバイスを頂けます。

近年では、着物を着ること事態が減っているためか、買うよりもレンタルという人は多いようです。

振袖

華やかな柄が特徴的な着物の一種。

見分ける点を一つだけ、袖の長さです。振袖という名前の通り振ることの出来るほど長い袖が特徴です。

成人式などで目にする機会が多いのですが、実は結婚式や卒業式の際に着ても大丈夫。

卒業式は良いかも知れないが、結婚式の場合は呼ばれた側が着るのは花嫁より目立って悪いのでは?と思われるかもしれませんが、事前に花嫁と色合いなどを相談しておけば問題ありません。

何より会場が華やかになるので新郎新婦からも喜ばれます。

また花嫁自身も結婚式が振袖を着ることが出来る最後の機会となります。

というのも振袖は未婚の女性が着るものだからです。

昔は女性から好意を伝えるのははしたないとされていたため、振袖の袖を振って好意を伝えていたという経緯があるためです。

この名残が実は現代にも残っていて、恋愛における「振る」「振られる」と言った表現は実はここから来ています。

既婚女性が振袖ではなく留袖を着るといわれるのも、袖を振る必要がなく、旦那一人に思いを留めるという意味があります。

ただ現代では、成人式を迎える前に結婚する女性も少なくはありません。

既婚だけど成人式だから振袖を着たいという人は、意外と多いようです。

「若いうちしか着られないのだから着ても良い」という意見もあれば「既婚なのだから避けるべき」という意見もあり判断が難しい所です。

それでも着てみたいという人は周囲に相談するか、華やかな柄の「訪問着」と呼ばれる着物を着てください。

まとめ

調べて書き上げてみると着物の中に浴衣や振袖が含まれるということに気づき、タイトルの選定を間違った気がしてきます。

浴衣は礼装ではないので行事に着ていくことはできませんが、振袖は未婚の女性なら礼装として着ていけます。

そう考えると振袖は成人式、卒業式のどちらにも対応できます。

既婚の場合はどうするのかと言われそうですが、結婚式に既婚女性が振袖を着て参列する事案なども時々あるようです。

マナー的には問題あるのですけど、参列している人からすると若いうちは誰が既婚女性なのかとかは分からないそうです。

それと比べると成人式や卒業式はなおさら既婚女性かどうかなんて分からないので問題ありませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す