節分の日の過ごし方と地域の違いと使用する豆の違い

毎年2月3日は節分の日です。

豆を鬼に投げつけて、「鬼は外、福は内」といいますよね。

でも、節分っていつできたんでしょうね。

それに地域によって盛り上がり方や楽しみ方が若干違うようです…。

今回は節分に関して、その由来と地域によって異なる節分の過ごし方と使用する豆の違いについて考察する内容とします。

スポンサードリンク


そもそも『節分』はいつできたの?

最初に結論を行ってしまうと、節分とは【季節の分かれ目】のことを意味するのです。

暦の上ではほぼ立春に該当しますので、冬から春になっていくころなわけですよ。

ついでに豆まきをする理由としては、その昔において季節の変わり目は邪気が漂いやすいとされていました。

その為に心地よい春を迎えるためには、邪気の具現化された象徴として鬼を祓う必要があったそうです。

なぜ豆を使うようになったのかは諸説ありますが、使われた豆の中で大豆には穀霊が宿るとされていて、その穀霊が鬼を退ける力があるとされていたので、当時は大豆を使って豆まきをしていたそうです。

また豆が選ばれた別な側面として鬼には魔の目、つまり魔目(まめ)を豆を投げて滅する(魔滅)という、語呂合わせのあてつけからそうなったのではないかと一部では言われています。

地域によって節分の過ごし方が違う?

ハロウィンとか、バレンタインデーなどは外国の文化経由なので日本全国同じ形で盛り上がりますが、節分などの一部の日本古来の風習からなる行事は全国一律の楽しみ方とは限らないのです。

つまり、地域によって差が出てくるってことですよ。

一例として挙げると、豆まきの仕方においては群馬県の一部の地域でなんと普通なら「鬼は外、福は内」と言うところを『福は内、鬼は内』といって、あろうことか鬼を家の中に招き入れるような行為をしているのです。

一見すると、これは普通の節分行事や由来からしたら大きく外れていることになりますね。

ですが、この地域に限っては鬼が投げた石で誕生した町が発展したとされており、その由縁は悪い鬼ばかりではなく良い鬼もいるといわれているからこそ、あんな掛け声が現在まで続いているとされているのです。

確かに鬼は100%悪い存在だ、というのは固定概念かもしれません。

いい鬼がその中に1%でもいれば、招き入れて逆にその家を守ってもらえるかもしれませんね。

他にもこういった節分に関する珍しい風習があるみたいですよ。

使用する豆の種類にも違いがある!

こちらも合わせて注目しておきましょう。

たいていは落花生か大豆のどちらかを豆まきに使用します。

私が生まれ育った地域では落花生を使用しています。

スポンサードリンク

むしろそれが当たり前だと思っていたぐらいです。

しかし、上京して2年目の時に節分を祝う機会があって、そこで使用された豆は大豆でした。

私は「えっ」と思いました。

どうやら落花生は北海道・東北地方で主に使用される豆だということがわかりました。

関東から西に行けば、ほぼ大豆を使用していることが参加者から話を聞いて判明しました。

どちらにせよ、使用する豆について規定はないので問題ないでしょう。

落花生だと鬼にぶつけた豆をピーナッツとして食べて楽しんでいた記憶がありますので、無駄ではありません。

とにかく楽しもう!

節分は邪気を払う由縁から始まった風習ですが、日ごろストレスがたまっている方は豆を鬼にぶつけてうっぷんを晴らすのも1つの考え方です。

また多くの参加者がいた場合において、鬼に豆をぶつけるという共通の行為が発生して、その行事がきっかけでいろんな人と知り合うこともできます。

よくイベントで見かける鬼役の人って大変ですが、それなりに時給は高いと思いますよ。

私は鬼役は嫌ですが、福の神役は買ってでますがね。

スポンサードリンク

コメントを残す