インフルエンザの検査に行くタイミングと正しい結果はいつ出るか

寒い時期になると気になりだすのがインフルエンザ。

熱が出たりすると病院で診察してもらいたくなりますが、あまり早すぎると正しい結果が出ない事になります。

今回は診察の目安などをまとめていきます。

スポンサードリンク


 インフルエンザの判断材料

1日で1個のウィルスが100万個に増殖すると言われるほど感染力の強いインフルエンザ。

初期症状だけでは風邪なのかインフルエンザなのかもわからず、病院で陰性と判断されてしまうことがあります。

これは何故なのかと言うと、インフルエンザの検査は検査薬に反応が出るくらい増殖していないと陽性の反応が出ないためなのです。

インフルエンザに罹っているのに風邪と診断される理由はここにあります。

なので翌日不安になって別の病院で検査したら陽性と診断されてもおかしなことではありません。

これは医師の判断が悪いとかそういう話ではないです。それだけインフルエンザの増殖力が強いのです。

ではどのタイミングならインフルエンザの陽性反応が出るのでしょうか。

よく言われるのは熱が出てから12時間後以降。

つまりインフルエンザは熱が出てもすぐには判断できないということです。

またインフルエンザの特徴として急激に発熱することがあげられますが、場合によっては普通の風邪みたいに微熱続く場合だってあるのです。

ですが体の倦怠感や関節の痛みなどインフルエンザ特有の症状も顕れますので、そういった兆候があればすぐさま病院へ行きましょう。

インフルエンザのピーク

流行時期と言う意味ではありません。

インフルエンザに感染して最も体内のウィルスの量が最大になる時期は下に表示したグラフの通りです。

免疫機能や事前に予防接種したかどうかでグラフの高さや角度が変わってきますが、大まかにはこんな感じです。

抗インフルエンザ薬はウィルスが増える量を減らしてくれるだけなので、体内のウィルス量が減り始めた段階では効果がありません。

薬が効くまでのリミットはおよそ発症してから48時間以内といわれています。

発熱して12時間以上でなければインフルエンザの検査には引っかからず、尚且つ48時間以内でなければ抗インフルエンザ薬を処方してもらっても意味が無い。

もし発症のタイミングが平日ならば病院に行くタイミングは困難を極めます。

初期症状が軽ければ風邪だと勘違いして1日や2日なんてあっという間に経ってしまうでしょう。

スポンサードリンク

そうなれば病院に行くタイミングも抗インフルエンザ薬を飲むタイミングも逃し、辛いインフルエンザとの戦いが始まります。

具体的な検査内容

インフルエンザの兆候を見逃さず、病院にたどり着けばインフルエンザの検査を受ける事になると思います。

一般的には迅速診断キットと呼ばれる道具で検査する事になります。

インフルエンザの流行時期になると、内科の医療機関には大抵置いてあるので、受けた事のある方も多いと思います。

綿棒のようなもので喉や鼻の奥をこすって、そこに付着した分泌物などを検査キットの処理液で陽性か陰性かを判別します。

およそ10分から15分ほどで結果が出るのですが、喉や鼻をこすられる時にやや痛いという点と潜伏期間など体内のウィルス量が低い時は陽性と判定されにくいというデメリットがあります。

子供ならあまりの痛みに泣き出してしまうというほどのインフルエンザ検査。

まだ受けたことがない人は覚悟しておいてください。

受診する際に忘れてはいけない事

さてここまで長々と検査の事などについて書きましたが一番大切なのはインフルエンザの検査タイミングではありません。

確かに大切な事ではありますが、一番大切なのはどうやって療養する時間を確保するかと言う事です。

検査で陽性が出れば診断書がもらえて、薬も処方してもらえる。

確かにその通りですが、前者は療養期間を確保するために、後者は療養期間を短くするために必要なのであってどちらにしても療養期間は必要となるのです。

つまりインフルエンザであるかないかに関わらず、休めてしまえば問題は全て片付きます。

そのために絶対必要な物はインフルエンザの診断書です。

仮に検査で陰性が出たとしても、患者の症状や周辺環境、家族や関係先の罹患状況などから医師がインフルエンザであると診断する事はあります。ここが重要です。

検査の結果はあくまでも医師が病状を判断するための材料の一つに過ぎないのです。

なので陰性だったからといってあきらめる前に、症状をしっかりと医師へと説明しましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す