ひな祭りにすることは何?用意するもの

ひな祭りでイメージするのがお内裏様とお妃様ぐらいでしょうかね。

その他に用意するものって何かありましたかな?

今回はひな祭りにすることは一体何か、と用意するものなどについて独自に解説します。

スポンサードリンク


そもそも『ひな祭り』とはいったい何?

毎年3月3日がひな祭りとして世間に認知されていることでしょう。

でもなんで3月3日なんでしょうかね。

それは追って説明します。

まず、ひな祭りの由来についてですが、諸説あるので簡単にまとめた有力な説をご紹介します。

古代中国から伝わった五節句の一つで『上巳の節句』といって、そこで行われていた風習と、貴族階級の女の子の間で当時は流行っていた『ひいな遊び』がひな祭りの起源とされています。

それが江戸時代に変化して、人形作りの技術が向上したことでそれまでは人形を川に流していたものが、家で飾るように変化していったから今の形態に至るのです。

それになんで3月3日は桃の節句の時にひな祭りなのかという点についてですが、元々ひな祭りの起源されている『上巳の節句』は男女ともにした厄払いや邪気祓いが行う行事だったわけですが、江戸時代にどこかの大老の助言なのか、その時の将軍の思いつきなのか知りませんが、それまで日に変動があった上巳の節句を3月3日と定め、さらにひな人形を飾ることから、この日を女の子の日と勝手に決めたのです。

そしてそれを御触れにして広めていったとされるのです。

それが明治、大正を経てその流れは変わらずに現在に行きついています。

現在は固定概念として3月3日は桃の節句で女の子の日、5月5日は端午の節句で男の子の日と線引きされています。

今やひな祭りは雛壇を用意してお内裏様などを飾っているわけですが、昔は雛人形を川に流していたわけですからね。

ひな祭りに何をすればいいの?

当然、こういった疑問は生まれますよね。

でもね、答えは簡単ですよ。

自分の家庭に女の子がいれば、そのひな祭りとやらを楽しめばいいのです。

つまり今後の娘の成長を誕生日以外で祝ってあげればいいのです。

女の子に着物を着せてそれらしくするのもよし、女の子の大好物を食卓にあげるのもよし、とにかくこの祭りの性質上、幸せ感あふれることをすればいいのです。

「何をすればいいの?」っていわれたら、大人はこの祭りの準備をしましょうか。

食事面で用意するとすれば、こどもには甘酒や白酒は早いので、桃色、白色、緑色の三色のひしもちを用意して縁起を担ぎましょう。

桃色は魔除けを表し、白色は子孫繁栄、純潔、長寿、そして緑色は健康を祈ることを表しています。

スポンサードリンク

その他にちらしずしでもかまいません。

まあ、ひな人形のセットをしてひな祭りを楽しんで、終わったら大人たちは人形を片付けるってことですかね。

ひな祭りに用意するべきものとは?

見てわかる通り、まずひな祭り用の人形を揃えることですね。

基本的に登場する人物から考えて、全部で15体ですね。

特に三人官女と五人囃子は忘れてはいけません。

あの童謡の歌詞にも登場しますからね。

地域によっては15体より増減するところもあったりします…。

もちろん、人形だけではなく雛壇も用意します。

こちらは特に制約がないので、どんなものでも一時的に雛壇になっていれば問題ありません。

赤いカーペットというこだわりは特に必要ありません。

それ以外で用意するものがあるとすれば、飾り付けと主役である女の子でしょうかね。

飾り付けも地域によって差が出るので、特に統一されたものではありません。

でも男の子しかいない家庭で、ひな祭りを行う機会がないかもしれませんので、どうしてもひな祭りを体感したいという方は公共機関などが主催していれば参加してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す