バレンタインデーの由来や起源とは?また日本と外国の違いとは?

2月14日は待ちに待ったバレンタインデーです。

これは今となっては世界的な行事となっているようです。

チョコレート好きな方にとってはまさに夢の時間となるでしょう。

今回はそういった、バレンタインデーの由来や起源、そして日本と外国のバレンタインにおける違いについて語っていきます。

スポンサードリンク


バレンタインデーの由来や起源とはどんなもの?

バレンタインデーの由来についてはいくつか説があります。

今回はその中で有力なものを紹介します。

そもそもバレンタインデーは英語で「Saint Valentine’s Day」、訳せば「聖バレンタインの日」という意味です。

そしてバレンタインというのは古代ローマで殉教したキリスト司祭のことです。

彼はキリスト教徒の布教活動に熱心でしたが、時の皇帝であるクラウディウス二世が、兵士の士気が下がるという理由で結婚を禁止していて、それなのに隠れて彼が結婚させていたのです。

次第にクラウディウス二世にそれがバレて、上記のことを『今後やめないと大変なことになるぞ』的な警告をしました。

しかし、それでも彼は辞めず、やがて皇帝はキリスト教徒自体の布教を禁止し、布教したものは死刑に処するという日本の江戸時代でいうところのお触れを出しました。

最終警告が出たにもかかわらず、彼は布教活動を続け、挙句の果てに西暦269年2月14日に、処刑されてしまったということです。

これだけだと単なる処刑日が記念日になりかねないので、補足して追加で説明いたしますね。

彼が処刑されてから約200年後のローマでルペルカーリア(ルペカリアともいう)という祭りが行われていました。

そのお祭りの内容を簡潔に記すと、毎年2月14日の夕方になると、若い未婚女性たちの名前が書かれた紙が入れ物に入れられ、祭りが始まる翌15日にになってから男性たちがその紙を引き、その名前が書かれた娘と祭りの間お付き合いをするという内容でした。

場合によってはこれが縁で一生の付き合いに発展したケースもあるそうです。

しかしながら、このお祭りの時の皇帝の気まぐれなのか禁止されてしまいました。

そこで彼らは、お祭りの頃に殉教していた聖バレンティヌス(バレンタインのこと)を、新しい行事の守護聖人としたわけなのです。

そして時は流れ、キリスト教徒にとってはこの日が『恋人たちの日』となり、恋人同士で様々なものを交換するようになったとされているのです。

カードみたいなものを交換するのが流行っていました。

主流ではありませんが、実はチョコレートはその中の1つに含まれています。

それが今日(こんにち)における起源かもしれませんね。

バレンタインデーにおける日本と外国の違いはどんなもの?

もともとキリスト教経由の行事なのでヨーロッパで行われている2月14日の催しが主(しゅ)かもしれません。

スポンサードリンク

我が国日本では、この日になると女性が男性にチョコレートを贈る習慣が根付いていますよね。

本命チョコやら義理チョコやら配って、思いを伝えたり、感謝の気持ちで配ったりなどいろんな用途で活用されているのですよ。

しかしながらチョコレートを贈ること自体、世界的にみるとどうやら日本だけみたいなのです。

ここでバレンタイン発祥のヨーロッパの国々を代表してイギリスの例を見てみることにします。

イギリスでは恋人同士などでチョコレートに限らずお菓子全般を男性から女性へ贈り物をすることの方が多いようです。

ここだけでも日本と大きく違います。

お菓子だけではなく、お花やワイン、シャンパンなどの贈り物にカードを添えるのが一般的みたいです。

細かい部分は別として、これは他のヨーロッパの国々も大まかなところは一緒と言えます。

はっきりといえることは、男性から女性、女性から男性に対して物を贈る点と、チョコレートだけなのかそれ以外も贈ってカードを添えるのかという違いがわけですね。

スポンサードリンク

コメントを残す