美味しいだけじゃない?カフェインレスコーヒーが安全で健康に良い理由

日本でも徐々に浸透してきたカフェインレスコーヒー。

一昔前はカフェインレスといえば「美味しくない」というイメージが強かったのですが、今では製法も進化して普通のコーヒーと遜色ない味わいが楽しめます。

妊婦さんやカフェインが気になる人にとって心強い味方であるカフェインレスコーヒー。

今回は健康や美容にもいい効果がたくさんあるカフェインレスコーヒーについてまとめます。

スポンサードリンク


カフェインレスコーヒーの安全性

皆さんはカフェインレスコーヒーにどんなイメージを持っているでしょうか?

「美味しくない」というイメージの他によく聞くのが安全なのかどうかという声。

確かに製造過程でカフェインだけを抜き取るなんてどうやっているのか見当もつきませんよね。

なにか薬品を使っているんじゃないかと考えても不思議じゃありません。

それで、実際どうなのかというとカフェインの抽出方法には薬品を使う方法もあります。

この薬品、ジクロロメタンという非常に発がん性の高いものなのですが、実はこの薬品を使った方法は日本で認可されていないので国産の物は安全なんです。

ですが海外では処理が簡単で味が落ちないからという理由でこの製法が認可されている国もあります。

日本では水を使った抽出方法と二酸化炭素を使った抽出方法が主流です。

どちらの製法も健康に悪影響を及ぼすことは無いのでカフェインレスコーヒーを選ぶ際は国産の物であれば、何も心配は要りません。

カフェインレスコーヒーのメリット

カフェインレスコーヒーの最大の魅力は文字通りカフェインが入っていない事。

コーヒーが脳を覚醒させてくれたり、眠気覚ましに効果があるのはこのカフェインのお陰でもあるのですが、純粋にコーヒーを楽しみたい人にとっては厄介な存在です。

カフェインのせいで夜に飲めば眠れなくなるし、トイレだって近くなってしまいますが、カフェインレスコーヒーなら大丈夫。

コーヒーの香りによるリラックス効果はそのままあるので、むしろ質の良い睡眠をとることだって出来るのです。

でもカフェインレスコーヒーのメリットはそれだけではありません。

美容と健康の面でも効果があるのです。

カフェインレスコーヒーの美容効果

コーヒーに含まれるカフェインには脂肪燃焼効果があるためダイエット効果が望めますが、同時にシミの原因となるメラニンを増やしてしまう要因にもなります。

またカフェイン自体は体内でストレスホルモンを増加させてしまうのでコーヒーの飲みすぎは美容に良くない影響を及ぼす事もあるのです。

ですがカフェインレスコーヒーならポリフェノールやトリゴネリンといった健康成分はそのまま含まれているので美容にも効果的。

特に見逃せないのは大量に含まれているポリフェノールです。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸と呼ばれるポリフェノールはシミやシワの予防に役立つ成分なのです。

スポンサードリンク

シミやシワの原因になるのは体内で生み出される活性酸素。

活性酸素が増加して体が酸化してしまうと細胞の老化が早まってしまうのですが、ポリフェノールは抗酸化物質とも呼ばれ体の酸化を防いでくれるのです。

またコーヒーといえばカフェインの脂肪燃焼効果が有名ですが、実はクロロゲン酸にも同様の効果があるのです。

おまけにコーヒーに含まれる主成分のうちクロロゲン酸の量はなんとカフェインよりも多いのです。

一体どれほどの量なのかというと100mlあたりにおよそ200mg。

これは赤ワインに匹敵する量で、赤ワインは100mlあたり230mgのポリフェノールが含まれています。

赤ワインとコーヒー、毎日飲むならどちらが飲みやすいのかは言うまでもありませんよね。

カフェインのデメリットは無いのに美容効果はそのまま残ったカフェインレスコーヒー、まさに美を求める女性にとっての救世主といえるでしょう。

カフェインレスコーヒーの健康効果

コーヒーに含まれるポリフェノールは美容に良いだけではありません。

高血圧の改善やストレス解消効果、癌の予防などあらゆる面から健康への良い影響があるのです。

まず上げられるのは血液に対する作用。ポリフェノールには血液の流れをサラサラに改善して、血液がコレステロールでドロドロになるのを防ぐ二つの効果があるのです。

血液がサラサラになれば血管の流れが詰まったり血栓が出来にくくなるので、高血圧改善に高い効果を発揮します。

次に注目したいのはストレス解消効果。

私達はストレスを感じると体内でストレスホルモンが発生するのですが、ポリフェノールにはこのストレスホルモンを抑制する働きがあるのです。

このストレスホルモンは私達の体に無くてはならない存在なのですが、多すぎても少なすぎても体に異常をきたしてしまいます。

驚くべき事にカフェインを摂取したときもコルチゾールというストレスホルモンが発生するのです。

カフェインレスコーヒーならストレスホルモンの発生を抑え、コーヒーの持つ香りでリラックス効果を得ることが出来るのです。

そして最後に知ってもらいたいのは癌の予防効果です。

私達の細胞は日々傷つき、そのたびに癌細胞が生まれると言われています。

しかしそれらの細胞が正常に修復されるため癌にならず、元気に生活することが出来るのです。

ですが体内で活性酸素が増えると細胞が傷つきやすくなり、細胞の修復や新陳代謝なども落ちてしまうため癌の発症リスクが高まってしまうのです。

こういた状態を改善してくれるのがポリフェノール。

その中でもコーヒーに含まれるクロロゲン酸は特に癌の抑制効果が高いとされ、直腸癌や胃癌などの消化器系の癌に対する予防効果が注目されています。

カフェインレスコーヒーの選び方

最後に皆さんに知っておいてほしいのはカフェインレスコーヒーの中から、美味しいものを選ぶ方法です。

豆の種類が一緒ならどれも一緒というわけではありません。

カフェインの抽出方法によっても味わいが変わってくるのがカフェインレスコーヒーの難しいところ。

今回はその中でもお勧めしたい製法や一杯当たりの単価から商品を紹介したいと思います。

カフェインの抽出方法が二酸化炭素方法だから風味を損なわず安全安心。

有機JAS認定されたコーヒーは割とありますが、それがカフェインレスとなると数は絞られます。

一杯辺りの単価は30円程。カフェイン率は0.3%とかなり低い数値。

気になるお味ですが、風味はコクがあってまろやかで濃い味を好む人にお勧めです。

難点は価格の高さと通販とかじゃなきゃ買いづらいところでしょうか。

スーパーなんかでもお馴染みのネスカフェです。

カフェインの抽出方法は水を使った方法でマウントハーゲンに比べるとカフェイン率も3%と僅かに高いです。

一杯辺りの単価は25円ほどです。詰め替え用やスティックタイプなどから選べるのも良いところ。

肝心の味ですが、こちらはすっきりとして飲みやすい風味です。

カフェオレなどにしても飲みやすいので、コーヒーを飲みなれていない人にはこちらがお勧めです。

なにより近所のスーパーでも買えるというのは何かと便利です。

京都の老舗、小川珈琲店のカフェインレス。

抽出方法は水を使った方法でカフェイン率はネスカフェと同じ3%です。

深煎りの豆と中入りの豆が半々くらいでブレンドされています。

一杯辺りの単価は35円ほどです。何気に紹介している商品の中で一杯当たりの単価が高いです。

苦味はさほど強くなく全体的にマイルドな印象ですが、風味が弱いわけではありません。

難点はマウントハーゲンと同じく通販などで買わざるをえない点です。

なんとなく商品の紹介がネスカフェ寄りになっているような気がしますが、決して私はネスカフェの回し者ってわけじゃありませんよ。

普段はカフェオレにして飲むことが多いからってのは多大に影響している気はしますが……

ご一緒にこちらの「コーヒーを飲むとトイレに行きたくなるのはなぜ?原因と対処法」についてもどうぞ

スポンサードリンク

コメントを残す