引っ越しの挨拶のタイミングとマナーは?挨拶の品は何が良いのか

いろんな事情があって引っ越ししますよね。

その引っ越し先においてのあいさつは必要だと思います。

その地域に数年以上住むならなおさらです。

そして挨拶がてらに、場合によっては粗品が必要になるかもしれませんよね。

今回は引っ越しの挨拶のタイミングとマナーについてと、挨拶するうえで用意する粗品は何が良いのかといったことについて解説していきます。

スポンサードリンク


引っ越し先に着いた時点ではあいさつする余裕なんて…

<引用元:https://www.karugamo.co.jp/flow/>より

引っ越し作業って、お金かかりますし、それなりに労力も必要なわけで、荷物の大部分を引っ越し業者に頼んで引っ越し先に送ってもらうのですが、その後が大変です。

山の様なダンボールから荷物を取り出して、それを仕分けしてどの位置にどのものを置くのかを決めなければなりませんからね。

さらに、明日か明後日にはもう仕事などで『動かなけばならない』人もいるはずです。

例えて言うなら、仕事に行くとか専門学校に行くなどの引っ越し作業もしなければならないはずなのに、どうしてもそっちを優先しなければならないことってわけです。

引っ越し作業を友達などを呼んで荷物を仕分けするなら1日で出来るかもしれませんが、一人暮らしで荷物がダンボール10箱分となれば一人でそれらを裁くにはけっこう時間がかかってしまいます。

あらかじめダンボールに【炊事用】【生活雑貨用】【私の愛用品】【衣装類】などと書いてあってもすべてを取り出して即座に配置させることは難しいです。

このように引っ越ししてしばらくは、自分の荷物の整理や新天地探検などほかにもやるべきことがたんまりとあるために、現実的には引っ越してきた当日に挨拶をしにいくのは厳しいわけですよ…。

では、引っ越し作業が落ち着いたらどのタイミングで挨拶すればいいのか?

あいさつをしておく場合においてタイミングって重要ですよね。

一般的には引っ越しの挨拶は、入居日から1週間以内が期限だと思っておいてください。

さすがに隣からすれば引っ越しの荷物が届いてくる状況がわかるわけですから、引っ越し作業が落ち着く1週間以内にあいさつがあるモノだと思いますよ。

逆にこの期間を逃すと挨拶しづらくなってしまい、近所関係は築きにくくなってしまいます…。

単身世帯ならまだしも、子供がいる家族の場合は何かあった場合において、挨拶しておいて多少なりの関係を構築しておいて方が身のためですよ。

引っ越しの挨拶をする最低限の範囲って?

<引用元:https://hikkoshizamurai.jp/useful/manners/>より

画像にある通り、最低でもその両隣(片方の隣だけの場合もあり)には挨拶しておきましょう。

アパートなどにおける、壁が薄いなどで声が漏れて苦情になることがあるので、そこで多少の関係を築いておけばある程度のことは目につぶる可能性が高くなりますので。

またマンションの場合においては、上の階と下の階の人達にも念のために挨拶しておくといいでしょう。

スポンサードリンク

これは子供がいる世帯で子供が無邪気にはしゃいで床をジャンプするなどして『ドンドン』とやってしまうと特に下の階の人にとってはとても迷惑な話になってしまいます。

先ほども記載したとおり、挨拶をしておいて、その後におけるある程度の関係を築いておけばよほど腹に据えかねた行為をしない限りは、目をつぶってくれる可能性が高まるはずです。

その時のあいさつとともに渡しておくべき品について

これは簡単に紹介しておきますね。

いったいどんなものを持っていけばいいのかと言いますと、価格的には500円以上1000円以内が望ましいです。

あまり高すぎても意味がありませんからね。

それでどんなものを渡しておけばいいのかと言いますと、食料品などよりは日用品などの消耗品がオススメです。

一番無難なのが、洗剤セットや入浴剤セット、石鹸などでも構いませんのでそういったものを渡しておくといいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す