市販の歯の痛み止めで効果があるものは?

普通の人は歯周病にならないために毎日2~3回歯を磨くと思います。

でも中には職業柄歯磨きそのものができないほど多忙な方がいると思います。

もしそういった方が突然歯の痛みに襲われたらどうしますかね?

普通に考えれば歯医者に行けばいいのですが…。

そんな時間がなければ市販の歯の痛み止めで我慢すると思いますね。

今回は市販の歯の痛み止めで効果があるものについて解説していきます。

スポンサードリンク


 手っ取り早いところ歯医者に行けばいいのに…

まあ、これは誰しもが思いますよね。

歯が痛ければ「歯医者に行け!」と。

どれだけ忙しくても、歯が痛くなれば仕事どころではありませんからね。

私も経験がありますが、歯が痛ければ寝ることもままなりませんので、なおさら仕事に集中することができないのは明白と言っていいでしょう。

ただ、こういったケースなら正直いって歯医者に行けばいいのか、痛みを我慢して仕事を優先させるのかっといった判断は本人次第と言っていいでしょう。

歯の痛みが仕事に差し支えるほどの痛みではなく、たまにチクっとした痛みであった場合なら、ついつい我慢してしまうと思いますよ。

人によってはそういった差し支えない痛みであれば、とりあえず歯の痛み止めを使用して耐え忍ぶと思います。

もしくはこういった人であれば。仕事を辞めて社会保険から国民保険に切り替える時期に歯が少し痛んだ場合、本来ならすぐにでも歯医者に行くわけですが、まだ保健の切り替え途中なので簡単に歯医者に行けるわけではなく、しばらくはドラックストアなどで購入する市販の歯の痛み止めで我慢するはずです。

上記の様な方々がいるわけで、市販の歯の痛み止めを求める人がいるのです。

歯医者にすら行く時間がない人は市販の歯の痛み止めで我慢…

<引用元:http://aorimebarubass.naturum.ne.jp/e1910028.html>より

上記のように歯の痛み止めを飲んでとりあえず凌ぐ人もいます。

だいたい薬局やドラッグストアで1,000円ぐらいで買えるわけですからね。

歯のどの辺りが痛いのかによって買うモノが変わっていますがね。

ではどういったものを買えばいいのでしょうかね。

市販の歯の痛み止めで効果が高いモノとは?

問題はコレですよね。

単に痛み止めを買ったって効果が発揮されなければお金の無駄ですからね。

スポンサードリンク

私が調べた中で効果が高いモノをいくつかご紹介しますね。

その1 ロキソニンS

これは医療用とほぼ同じ効果を得ることができます。

歯痛が強く早く痛みを取りたい方や、歯医者で出された痛み止めが足りない時に使用したりする品物です。

ただロキソニンにはロキソニンとロキソニンSの2種類があり、購入される場合にはお間違えの無いようにしましょう。

Sの方が若干高いですが、効果は期待十分ですよ。

その2 バファリンA

頭痛や生理痛に効く薬として使っている人も多いバファリンAですが、実は歯痛にも効果があるのです。

バファリンAは古くから日本にある痛み止めで、わりと多くの方が使用しています。

ただ、使えるのは15歳以上の成人の方のみなので、ほとんどの中学生以下の子供には使用できないので残念な部分もあります。

即効で薬が効いてほしい方にとってみれば、オススメな市販薬といえます。

その3 セデスハイ

歯痛時には、鎮静作用の強いセデスハイという市販薬を使用するのもオススメです。

ただ副作用として眠気が出てくることもあるため、服用後には車の運転はしない方が賢明です。

それでも錠剤が小粒なので、歯が痛くても少量の水で服用できるので、飲みやすい市販薬と言えます。

以上、いくつかの市販薬を紹介しましたが、実際にはもう少し種類があります。

自分の好みに合った市販薬を試してみて、今後歯医者に行くほどのレベルの痛みでなければ、その市販薬を愛用するといいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す