何故ホワイトデーというの?ホワイトの意味と由来は?

3月14日はホワイトデーです。

バレンタインデーからちょうど1か月後になりますね。

でもなんで『ホワイトデー』って呼ぶのでしょうかね?

ブラックデーやチョコレートの色に近いブラウンデーでもよさげなかんじですがね。

今回はなんでホワイトデーというのか、そしてその意味と由来などについて解説していく内容とします。

スポンサードリンク


ホワイトデーの由来

ホワイトデーと呼ばれる3月14日はバレンタインデーから1か月後になります。

バレンタインデーと違いその歴史は意外に浅いのです。

その由来の根拠については諸説あります。

なのでここでは納得しやすいモノを取り上げることにします。

まずホワイトデーそのものが日本発祥です。

知らなかった人も大勢いることでしょうね。

ホワイトデー公式サイト(http://www.candy.or.jp/whiteday/okuru.html)によれば、(一部抜粋)

バレンタインデーでチョコレートの贈物を受けた男性が“お返し”の意を込め、 3月14日のホワイトデーはキャンデーを贈る日として飴菓子業界の全国組織である全国飴菓子工業協同組合の1978年(昭和53年)の名古屋に於ける総会で飴菓子業界の総意として決議採択されて全飴協ホワイトデー委員会が組織されたのです。そして2年間の準備期間を経て1980年(昭和55年)3月14日に第一回ホワイトデーが世に生まれ出たのです。

とのことです。

つまり日本の企業が今日のホワイトデーを形作ったという解釈で十分通じますね。

バレンタインデーで女の子からチョコレートを受け取ったお返しとして当時、企業側が目をつけたのが『キャンディー』ってわけです。

なぜかその時に売られたキャンディーの色が白っぽかったことがあってか、後に全国飴菓子業協同組合が3月14日をホワイトデーと定めたとされているのです。

当初案ではその名の通り『キャンディーデー』として検討されていたそうです。

日本では【いただきものにはお返しをする】文化が根強いこともあってか、バレンタインデーのアンサーデー(返答する日)として浸透して行ったのです。

ホワイトデーは欧米には存在しない!?

一方でバレンタインデー発祥のヨーロッパでは、日本のように『ホワイトデー』たる概念が存在しないのです。

というよりは認知おらず、ホワイトデーすら浸透していないのが現状です。

欧米ではアンサーデーとして「フラワーデー」「クッキーデー」などの催しが行われる国があるくらいです。

ホワイトデーに贈る物

基本的にホワイトデーに贈るものとして特に決まったルールはありませんが、たいてい贈られるのがお菓子類ですね。

その代表格がマシュマロ・キャンディー・クッキーの3種類ですね。

スポンサードリンク

それに男性が女性にお礼の品として贈る時の意味があることをご存知でしょうか?

以下の品物を贈った時の意味がこちらです↓

  • マシュマロ  →「私はあなたが好きじゃない」
  • キャンディー →「私はあなたが好きです」
  • クッキー   →「友達のままでいましょう」

今まで、何も考えずに贈っていたあなた!

バレンタインデーに本命っぽいチョコレートを受け取ったのなら、上記の意味として考えると迷わずキャンディーを贈っておいた方が相思相愛になれますよ。

間違ってもマシュマロなんて贈ったら恋愛関係が破談してしまう可能性があるので、ご注意ください。

日本では基本的にバレンタインデーでチョコを貰った時のお返しをする日として認知されている

上記からしてホワイトデーにお返し品として贈るものに制限はなく、たとえキャンディーでなかったとしても、カップル同士であれば素敵なレストランディナー券やディズニーランドチケット優待券など、楽しめるモノであっても別に問題はありません。

男性側に経済的余裕があればの話ですがね。

それ故に日本ではホワイトデーで女性が男性に何か物をプレゼントすることは皆無で男性からのお返しに期待する日として認知されているのですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す