入学式に着て行くスーツの色に決まりはあるのか?

入学式の時期になると困るのが着ていくスーツの色。

大学生になって初めてスーツを選ぶという人から、もうすぐ小学生のお子さんをお持ちのお母さんまで、理由こそ違えどスーツの準備に悩みます。

そこで今回は入学式のスーツ選びについてまとめます。

スポンサードリンク


大学生視点のスーツ選び

これから大学デビュー。スーツも初めてという人はどんなものを選ぶべきなのでしょうか?

やはりイメージするのは黒無地のスーツです。

ですがダークカラーのものであればネイビーやグレーといった色でも問題ありません。

こういった色合いは成人式や就職活動などでスーツを使う際にも役に立つので、選んで失敗する事はまずないです。

時々女性で淡いパステルカラーのスーツを着てみたいという意見も聞きますが、恐らく後悔することになるのであまりお勧めは出来ません。

まずその後着る機会がありませんので、スーツの色は無難に黒、紺、グレーなどから選びましょう。

ただグレーはやや人を選ぶ傾向にあるので、悩んだら黒か紺のどちらかから選べば、周囲から浮く事はありません。

もし就職活動も視野に入れているのであれば紺を選ぶ際は濃紺のものを選ぶと良いでしょう。

どちらの色もシャツの色はなんでも合うので困りません。

ですが何でも合うからといって濃色のシャツを選ぶのはいけません。まず次に着る機会はないでしょうから。

男性の場合は白のシャツが基本です。もし自分のイメージを出したいならネクタイのカラーリングなどで出しましょう。

逆にネクタイが無い女性の場合は淡い色合いやフリルのついたブラウスで華やかなイメージをプラスすると印象が良くなります。

また女性の場合はスカートかパンツスタイルのどちらを選んでも問題ありません。

スカートは制服で着慣れているでしょうし、パンツは足回りが冷えにくいので自分の好みで選んでも良いです。

もしストッキングが苦手ならパンツスタイルのほうが楽です。

ですが買う際はまず予算を抑えましょう。

これは男性、女性どちらにも共通して言える事です。

後々の事を考えれば良いものを買っておいたほうが良さそうだと思う人もいるでしょう。

しかし、入学式に買ったスーツが体型の変化などの問題で着られなくなる可能性は大いにありますし、大学の期間中使っていたのであればスーツ自体がくたびれている事だってありえます。

どちらにしても就職活動をするにあたって買いなおす可能性は割りと高いのです。

また高級なスーツは管理の観点からも初めて買うにはあまり向きません。

スポンサードリンク

スーツの生地に使われているのはウールやポリエステルといった繊維。

ウール100%の物は手触りが柔らかい上に保温性、伸縮性、撥水性などが高く、しわや型崩れしにくいというメリットがあるのですが天然素材である分、虫食いの被害にも合いやすいのです。

ウールとポリエステルの混紡の物であれば、ウール100%の物よりも価格帯が安く、生地自体も丈夫なので始めてスーツを買うのであればこちらをお勧めします。

意外とゼミの関係で使ったり、冠婚葬祭などで着る機会は多いので、大学の間に使い潰すくらいの気持ちで選んでください。

高いスーツであれば躊躇うかもしれませんが、安いのであればスーツになれるという意味でも扱いやすいかと思います。

母親視点のスーツ選び

入学式にママが着るスーツはどんな色を着れば良いのでしょうか?

入学式は春に行われるので、卒業式の時に着たダークトーンのスーツを着ても良いのだろうかと悩むママさんは多いようです。

かといって1回の入学式のためにわざわざスーツを用意するというのも勿体無いという気がします。

ではどうすれば良いのかというと先輩ママさんに聞くのが実は一番確実です。

地域によっては入学式の服装に暗黙の了解が存在する場合もあるので、まずは先にそういったことを聞いておきましょう。

もしそういった制約が無いのであれば、スーツの選択に悩む余地が生まれます。

入学式に関してはスーツの他にもごく僅かですが和服といった選択肢もあるそうですが、かなり少数なので候補からは除外しても構いません。

となると問題になるのはスーツのカラーリングです。

春らしく明るい色合いのスーツを新調しても構いませんし、卒業式のときに使ったダークトーンの物を使っても構いません。

但しどちらも注意しておくべき点はあります。

まず新しくスーツを新調する場合ですが、何よりお金がかかります。

色合いの関係上使える場面というのも限られてきますので、選ぶ際はは悩む事になるかと思います。

また華やかだからといって原色に近い色や濃い色は周囲と浮くため推奨できません。

あくまでも入学式は子供のためのものですし、周囲から浮くのはママとしても避けたいところ。

無難な選択肢は卒業式に使ったスーツをそのまま使うという方法ですが、こちらは少し小物などに気を使わないと全体的なイメージが地味な印象になりかねないので注意が必要です。

アクセントとしてコサージュなどを用意しておけば、春らしい華やかなイメージを損なうことなく服装を明るく出来ますのでお勧めです。

スポンサードリンク

コメントを残す