お彼岸のマナーとタブーは?

お彼岸と聞くと漠然と御墓参りをするというイメージがありますが、皆さんはお彼岸についてどれくらい正しく知っていますか?

今回は意外と答えられない人が多いお彼岸のマナーやタブーについてまとめます。

スポンサードリンク


お彼岸とは

お彼岸とは仏教にまつわる行事で、3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後3日間の計7日間の期間か或いはその期間中に行われる仏事の事を指します。

ですがこのお彼岸の元になっているのはお盆などの先祖の供養を目的とした宗教行事ではなく、精神的な修行なのです。

彼岸という言葉はあの世を指す言葉でもありますが、煩悩や悩みなどのない悟りの境地の事も意味します。

逆に今現在私達が生きている世界は此岸(しがん)と呼ばれ、迷いや煩悩がある世界と言われています。

お彼岸とは此岸から彼岸へといたるために祈り修行する期間であり、実はこの時期に先祖の御墓参りをするのは日本独自の物なのです。

では一体なぜこの時期にお参りをするようになったのでしょうか?

お彼岸の始まり

日本独自のお彼岸の始まりには浄土思想が関係していると言われています。

浄土思想とは仏様のいる世界である「極楽浄土」が西の方にあるという考え方です。

元々仏教が日本に入る前から「神道」で太陽を神様としてあがめる習慣はありましたが、この浄土思想が伝わる事で太陽が最も真西へと沈む春分・秋分の日に太陽を拝む事は功徳の有る行為とされるようになりました。

そして太陽の方角は西、つまり浄土のある方角であり彼岸、あの世の方角です。

おまけに春分と秋分の日は昼と夜の長さがほぼ同じ時期であり、あの世とこの世が近くなり最も通じやすくなる時期とも考えられているので、先祖に対して祈ることに対して良い日でもあります。

つまり修行として彼岸に向かって祈ると言う行為が、ご先祖のいる方角に向けて祈るという行為も兼ねている事になります。

こうした仏教的思想と神道の考え方が交じり合う事によって、日本独自の行事となっていったようです。

お彼岸の歴史

日本で最初にお彼岸を行ったのは仏教を日本に広めた聖徳太子と言われています。

最初は聖徳太子が行った彼岸の行事は朝廷に暮らす人々の共通の行事でしたが、時代とともに期間や形式が変化して現代の私達のお彼岸の御墓参りの形へと変わっていきます。

そのため実は非常に歴史の長い文化であり、源氏物語のなかにも彼岸に関する記述が残っているほどです。

内容に関しては秋の彼岸の頃に引越しが始まったとかいう内容で彼岸の行事に関することではありませんけど……。

ですが当時と今とでは彼岸に対する認識はかなり違いますし、春彼岸や秋彼岸などの現代の形式ではなかったようです。

お墓参りの仕方、マナーについて

まずお墓参りに行くとなれば準備しておかなければならない物があります。

掃除に使う道具

スポンサードリンク

・タワシやブラシ等

・タオル

・ほうき、ちりとり

・ゴミ袋

お参りに使うもの

・線香

・蝋燭

・ライター

・数珠

お供え物

・花(毒のあるものや匂いの強いものは避ける)

・故人が生前に好んでいた物など

・半紙、紙皿など(お供え物を乗せるため)

これらを準備したらお墓に向かいましょう。

お寺や霊園などで管理されている場合は管理者にお墓参りをする前に一言挨拶をしておく必要があります。

お墓参りの時間帯に決まりはありませんが、管理している人の迷惑にならないように夕方などの時間は避けて下さい。

お墓に着いたら掃除をする前にお墓の前で手を合わせて礼拝するのを忘れないで下さい。

お墓の掃除に関して、墓石に水をかけるかどうかなどは宗派によっても違うので事前に自分の家系はどうなのか調べておくと当日になって悩まなくて済みます。

掃除が終わったらお線香や、お供えをしてお参りをしましょう。

最近では食べ物などのお供え物は、そのまま置いて帰ると野良猫やカラスが食い荒らしてしまうため、お参りを済ませたら

持って帰ることを推奨します。

御彼岸にお参りに行けないときは

お彼岸に予定が入っていたりして、どうしてもお参りに行けないという時もあります。

そういう時はお彼岸の前などの開いている日にお墓参りに行くと良いでしょう。

風習としてお彼岸やお盆などにお墓参りに行くことが多いですが、本来お墓参りはいつ行っても良いものですし、彼岸の期間じゃないから先祖の供養にはならないと言うわけでもありません。

またお彼岸の期間もいけず、前日にお墓参りにも行けなかったのであれば、せめて太陽に向かって祈りましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す