母の日になぜカーネーションをプレゼントするのか。色に意味はある?

日本では5月の第2日曜日は母の日とされています。

日頃お世話になった気持ちを形にして渡すプレゼントも何かと話題です。

後述にて詳しく記載しますが、カーネーションが母の日の贈り物としては定番化しています。

でもなんで母の日にカーネーションなのでしょう?

今回は母の日になぜカーネーションをプレゼントするのか、またその色に意味はあるのかなどを解説していく内容とします。

スポンサードリンク


母の日の起源について

母の日というものは、もともと1910年にウェストバージニア州で始まったのが起源で、それが少しずつアメリカ全土に浸透していき、1914年には正式に『母の日』として制定されたというわけです。

日本においては、戦前に森永製菓という民間企業が母の日を全国的に告知したことに始まり、戦後になって本格的に浸透し始めました。

厳密に言えば、1947年にようやく5月の第2日曜日『母の日』として認めたというわけです。

そこから日本で母の日というものが確立されていくのです。

母の日にどんな贈り物をする?

母の日に贈り物をするとします。

サイズの合った洋服や限定スイーツ、健康グッズや旅行券など様々なのもがあります。

実生活で役に立つものが増えてきていますね。

しかしながら、母の日に限って突出して多い贈り物がやはりカーネーションという花なのです。

これは日本人の固定概念なのでしょうか?

なぜカーネーションなのか

この疑問をひも解くためには、母の日の由来をよりひも解く必要があります。

上記で少し紹介させていただきましたが、アメリカ発祥の母の日にアンナ・ジャービスという人物は切っても切り離せない存在となっています。

彼女が母の日作ったといっても過言ではありません。

後に彼女の意思に賛同したアメリカ人が盛り立てたから現在に至りますが…。

またアンナさんがフィラデルフィアの教会で白いカーネーションを祭壇に飾ったことが、今日における母の日に贈るカーネーション人気の固定化につながっているのです。

白いカーネーションはアンナさんの母親であったアン・ジャービスさんの好きな花だったからです。

もちろん赤いカーネーションでも構いません。

スポンサードリンク

以上のことから【母の日に贈るべきもの≒カーネーション】ということになったのです。

カーネーションの色の意味

カーネーション自体の花言葉は『純粋な愛情・無垢な愛』とされています。

これが色によってまた変わってきます。

・赤いカーネーション

花言葉は『母への愛、熱烈な愛』となっています。

小さいころに母親にお世話になった子供がよく贈り物として贈ることが多い傾向にあります。

特に母子家庭で育った方はなおさらですね。

・ピンクのカーネーション

花言葉は『感謝、美しい仕草』となっています。

赤いカーネーションよりは愛情の面で見劣りするかもしれませんが、今でも自分の母親が活力あって美しい様であれば贈るべきカーネーションの柄といえます。

・紫のカーネーション

花言葉は『誇り、気品』となっています。

これに関しては、花言葉のままの意味となりますが、個性が強い母親がいる場合に贈ってみてはいかかでしょうか?

・青のカーネーション

花言葉は『永遠の幸福』です。

小さいころに苦労して育ててくれた母親に感謝の気持ちを表し、なおかつ未来永劫幸せになってほしいと願っている人が贈るべき花といえます。

ただ、黄色と白のカーネーションは存命の母に贈るべき色のカーネーションではありません。

なぜならそれぞれの花言葉が『嫉妬』『愛への拒絶』といったマイナス要素が絡んでいるので到底オススメできるものではないのです。

以上がカーネーションにおける色の意味でございます。

実際に贈っている花の色で一番多いのが赤いカーネーションで、次点でピンクのカーネーションと続いています。

スポンサードリンク

コメントを残す