紫外線は夜は出ない?注意すべき時間帯は?

紫外線、誰しも耳にしたことがあるワードといえます。

紫外線は基本的に太陽が顔を出している時間帯に多く照射されていると考え方が一般的です。

逆に考えれば、夜は全くでないのでしょうか?

いや、そんなことはない…、と思っている方は思わず無防備になりがちでしょうね。

今回は紫外線は夜は出るのか出ないのか、また注意すべき時間帯などについて解説していく内容とします。

スポンサードリンク


紫外線とは

紫外線を英語で略すと『UV(Ultraviolet rays)』となります。

外国人もこの略称で通じます。

紫外線を簡単に説明すれば、人体にとって有害なモノなのです。

それを説明するにあたって、紫外線には3つもの種類があり、UV-A、UV-B、UV-Cに分けられます。

UV-Cは成層圏よりも上空でオゾンと酸素分子によって全て吸収され、地表には到達することがないので、実質的に考えれば『これも存在しますけど、特に生物には全く関係ありません』といった感じです。

UV-Aは大気による吸収をあまり受けずに地表に到達し、太陽からの日射にしめる割合はほんの数%程度で、生物に与える影響はUV-Bと比較すると小さいです。

ただ問題なのがUV-Bなのです。

成層圏オゾンにより大部分が吸収されますが、残りが地表に到達してしまいます。

太陽からの日射にしめる割合は0.1%ほどではありますが、UV-Aよりも生物に大きな影響を与えます。

ただUV-Bを強くあびると、皮膚ガンや、白内障という病気を引き起こす要因となってしまいます。

女性の方で美容を気にされている方がいるとすれば、UV-Bを一定量浴びるとが顔のシミやしわの原因を作ってしまうのですよ。

紫外線の中で最も恐ろしいのがこのUV-Bなのです。

参考:赤外線との違いについて

あくまで紫外線との違いを比較されることがあるので、少し紹介しておきます。

赤外線とは紫外線同様に人間の目には見えず、熱線とも呼ばれ、ストーブから放たれる熱の波長がこれにあたります。

紫外線と同じように吸収されやすい性質となっています。

夜は紫外線が出ない?

<引用元:http://www.berry-counseling.com/1673/>より

夜の紫外線量に関しては一般的にはゼロだと言われていますが、それに対する学者の意見や月に照らされ反射した太陽光のことを考慮すると、あまり差しさわりのない結果と言えますが【ほぼゼロ】といえます。

スポンサードリンク

ごく微量の紫外線量なので浴びたとしても人間の肌に影響のないレベルの量です。

紫外線が強く注意すべき時間帯と時期は?

紫外線に対して最も気を付けなければならないとされる時期は、一般的に考えると夏の太陽が顔を出している時だとされています。

もう少し噛み砕いて説明しますが、一般的見地はあながち間違ってはいません。

暑さもそうですが、同時に大気中に吸収されきれなかったUV-Bもまた多く地表に届いてしまいます。

特に6月の夏至の頃に紫外線は最も強い時期にあたります。

時間帯としては午前10時から午後2時にかけてが最も警戒すべき時間帯となります。

あと天気にも左右されます。

例えば地表に到達する紫外線の量(UV-A&B)を何も遮るものがない場合を100として考えるとします。

それを天気の状態で当てはめるとこのような結果となります。

  • 快晴(晴れ)98~100
  • 曇り(薄曇りも含む)65~80
  • 雨(降っていなくても分厚い積乱雲が空を覆っていた場合も含む)50以下

このことから6月の夏至の辺りで、気温が高く太陽がギラギラと午前10時から午後2時にかけて照りつけていたら紫外線に対してかなり警戒する必要があります。

その場合は市販で売られているUVカットクリームなどを肌などに塗りつけておけば、何もしないよりはましです。

スポンサードリンク

コメントを残す