小学校の卒業式での服装で袴を着るのが流行!流行ってる理由は?

毎年3月になると、多くの小学校では卒業式を迎えます。

小学校の6年間は振り返ると短く感じますが、体感するとやはり長いものです。

最近の卒業式ではどんな服装をするのでしょうかね。

最近ではなんと、袴を着るのが流行っているらしいですね。

今回はなぜ小学校の卒業式での服装で袴を着るのが流行いるのかその理由を探ることにします。

スポンサードリンク


現在の小学校の卒業式はどんな感じなのか?

<引用元:http://frame-illust.com/?p=9475>より

多くの公立小学校ではこんな感じで今でも進行するのではないでしょうか?

  1. 卒業生入場
  2. 一同 起立・礼
  3. 開式の言葉(教頭)
  4. 国歌斉唱
  5. 卒業証書 授与
  6. 校長 式辞
  7. 教育委員会 告示
  8. 来賓祝辞
  9. 卒業生代表挨拶
  10. 在校生代表挨拶
  11. 校歌斉唱
  12. 一同 起立・礼
  13. 卒業生退場

その間に歌など(仰げば尊し、蛍の光など)を挟みますが、どのタイミングで入れるのかはそれぞれの小学校単位ごとに一任されており、違いが生じます。

大体は午前中に卒業式を終えます。

小学校で第二ボタンをとることまでは基本的にしません。

当然親も見に来ているので、卒業式が終わったら担任の先生とのホームルームが終われば解散という流れが普通です。

卒業式を経て、はれて中学生への階段を歩むことになります。

卒業式で袴を着るのはなぜ?

<引用元:http://www.aqua7.com/catalogue/detail0013.html

少し前までは、紺色の服にネクタイをした格好が大半を占めていました。

しかし、最近では画像のように小学生にして袴を着て卒業式に出席する人が増えてきているのです。

考えられる理由としては、卒業式で出席する服装として中学・高校の場合は制服と決まっているので、袴スタイルで卒業式に出なければならないとしたら、大学に行かない限りは小学校の卒業式が最後の袴デビューとなってしまうのです。

流行の点に関していうなれば、詳細は不明ですが、ファッションコーディネーターが起点となってその時代の服装を流行させることが多いので、彼らが起点となっていることに変わりはありません。

また和のブームが盛り返してきていること点も一理あります。

子供にとって、和服(袴や着物など)は七五三以来着ていない方が多いですからね。

ただ賛否両論があり、一部の小学校では禁止しているところもあります。

このスタイルが定着するかどうかは現段階では不透明です…。

そもそも袴はどんな時に着るもの?

スポンサードリンク

<引用元:https://search.rakuten.co.jp/search/mall/-/206527/tg1008884/

袴を仮に卒業式以外で着るとしたら、成人式の時でしょうか。

成人式の時は男性ならスーツの場合が多いかと思いますが、袴でも構いません。

あとは、画像のように正月を過ごしている時や結婚式の衣装の一環できる場合などに限られることでしょう。

どんな時に着るのかという問いに関して答えるのなら、普段着ではなく何かしらの行事が絡んでいる時にきるのが袴といえます。

それに袴を買うとなれば、高いもので10万円以上はします。

ちなみにレンタルでも数千円から2万円ぐらいが相場です。

普段は着ることがないものですし高いものなので、最近では袴のレンタル派が増えてきています。

参考:女子が着る袴はこんなイメージ

<引用元:https://www.ccact.org/zatugaku/16506/>より

こちらはサクラ大戦というゲーム・アニメのキャラクターです。

女子が袴を着るとなれば、こんな感じになります。

この場合は着物と袴が混じっている感じがしますがね。

もちろん、刀はいりませんよ(笑)

もし卒業式に袴を着たいのであれば、一生に一度しか着ないのであればレンタルをオススメします。

スポンサードリンク

コメントを残す