市販のマスクで花粉症は防げる?また花粉症の重症化を防ぐには?

ようやく冬から春になって、厳しい寒さから解放されると思いきや、花粉症の方にとってはつらい状態が続くことになってしまいます。

お分かりの通りに、春は花粉症の季節でもあるのです。

慢性的な花粉症の方であれば、事前対策をしているかと思いますが、これまで花粉症になったことがない人でも油断は禁没ですよ。

その方でも何も対策をせずに油断していると場合によっては花粉症になってしまいますよ。

なのでマスクをつけていれば問題は…、果たしてそうでしょうか?

今回は市販のマスクで花粉症は防げるのか、また花粉症の発症して重症化してしまった時の対処方法について解説していく内容とします。

スポンサードリンク


 花粉症を引き起こす花粉って?

日本人が毎年この時期に苦痛を味わうことになる主な花粉症の原因といえば、画像にあるようなスギ花粉でしょう。

でも花粉症はスギ花粉以外にもあります。

スギ花粉が飛び散っている頃に実はヒノキ花粉も飛散しています。

春以外の季節であれば、夏ならイネ花粉、秋であればヨモギたブタクサ花粉などによって花粉症になっている方が実際にはいます。

しかしながら、それらは全体的に見れば氷山の一角にすぎません。

なにせ、このスギ花粉の飛散量が全国的に多い故に花粉症になってしまう人も相対的に多くなるのです。

その背景は、国の植林事業が関係していると言われています。

簡単に説明すれば、ひと昔前までは今よりも林業が盛んで木を伐採して木造住宅などを建てるなどで、木を切りすぎてハゲ山になってしまった地域があり、環境維持のためにスギを植林して後世に活かそうとしたことが始まりだという説が有力視されています。

他の木も植林されてはいましたが、なぜか圧倒的にスギが多く、その結果としてスギ花粉というデメリットを発生させ花粉症になってしまう方が多くなっているのです。

市販のマスクだけで花粉症は防げるのか?

<引用元:https://item.rakuten.co.jp/beautycreation/memask/>より

皆さんの多くは超立方体花粉用マスクといった口と鼻を隠すマスクだけを装着することで安心してはいませんか?

実は花粉は目の周辺にもくっつきます。

いくら花粉が隙間から入らないような超立方体花粉用マスクを装着しても、マスクを外した時に目のあたりについていた花粉がこぼれ口の中に間違って入ってしまったら、花粉症の人なら速攻で「ハックション!」ってなってしまいますよ。

そうならないために、花粉から目を保護する『目マスク』というものも必要なのです。

あまり聞いたことがないかもしれませんが、花粉対策には欠かせないものなのですよ。

市販で超立方体花粉用マスクは売っていても、目マスクは医療機関や通販で売っていることが多く、それ以外のルートでほしい方は花粉を防ぐタイプの目マスクに関して特注するしかないかもしれません。

スポンサードリンク

重症化する前に行うべき対処方法とは?

<引用元:http://blog.goo.ne.jp/midorinet002/e/099fbeee737ce43edc8fb7a0022caf9d>より

基本的にはすぐに医療機関へ受診していただくしかありません。

放っておくと重症化してしまう恐れがあります。

医療機関へ駈け込んだら、重症化を防ぐために3つの治療法を選択することになります。

従来から行われている薬物療法、ひどい場合に行われることが多い手術療法、最後は舌下免疫療法といって、ある種メリットが一番多い方法です。

この方法で治療すると9割の方に何かしらの効果があり、その中で約1/4の人が全治または症状軽減が認められたケースが実際にあります。

それ以前の問題として、花粉シーズンは花粉症にならないために常にマスクをして行動する必要性も出てきます。

スポンサードリンク

コメントを残す