【小中高別】修学旅行に持っていくバッグの容量の目安

学生の間、よほどの事情がない限り修学旅行に一度はいきますよね。

どのくらいの予算で何を買うのか、あるいはどんな名所を自由時間の範囲内で回るのかいろんなことを体験できますね。

その際にお土産を買って帰るわけですが、持っていくバッグの容量・サイズがある程度はわかっていても実際に行った時になんか違ったという人もいるわけです。

あと、小学生がお土産をたくさん買う目的もかねてワイドバックを持って行ったとしても、小学生で多額の現金を持たせるようなことはしないのであまり意味ないかと存じます。

なので今回は小学校・中学校・高校における修学旅行に持っていくバッグの容量の目安などについてそれぞれ解説する内容とします。

スポンサードリンク


小・中・高校別の修学旅行における所持金額っていくら?

気になったので少し調べました。

小学生が持ち歩く所持金額は平均5,000円です。

常識的に考えて、小学生が大金を持ち歩くわけないし、親も持たせないと思います。

せいぜいお土産を買うお金と自由行動の際の交通費やランチ代ぐらいでしょう。

中学生になれば所持金平均額は10,000円ぐらいに跳ね上がります。

このころになればもう少し自由行動に幅を利かせてもいいぐらいなので、お土産代はもちろんのこと、友人たちと巡るスポットに関する費用や思い出づくりにも多少の費用がかかりますよね。

高校生の場合だともっと多くなり、平均的な所持金額は35,000円程度です。

それは小学生のころと比べて、3泊4日~5泊6日ぐらいに滞在期間も長くなります。

すると相対的に支出する費用も上がります。

無論、お土産代もそうですが、自由行動の幅が中学生の頃よりも広くなり、集合時間内に出来るだけたくさんの観光スポットを巡って思い出づくりに励みたいわけですよ。

でも渡されたお金を全部使ってしまう人はごく少数です。

小学校の修学旅行で必要な容量と目安

<引用元:https://item.rakuten.co.jp/kabanmart/42868/>より

一例ですがこちらはプレート・レース付で女の子らしいデザインのボストンバッグです。

修学旅行におすすめでかつ可愛いデザインで小学生・中学生女子に人気のバッグです。

このカバンの容量は縦・横・高さ【54・31・24】cmとお手軽サイズでこれが目安と言えます。

カバンの中身の容量的に考えても小学生の修学旅行の場合であれば、持ち運ぶのにちょうどいい感じです。

ちなみに男子の場合だと、同等なサイズのアディダスのスポーツバッグがオススメです。

スポンサードリンク

中学校の修学旅行で必要な容量と目安

<引用元:http://xn--8uq82zulig49a.blog.so-net.ne.jp/carry-boston>より

一例ですが、こちらはアディダス・チャド・ローリングボストというバッグです。

内容量53L、まあ中学生男子が担いでいけるサイズのバッグですね。

女子の場合は目安としてこれより一回り小さめのものを持って、デザインもかわいらしいバッグを持っていけばいいでしょう。

高校の修学旅行で必要な容量と目安

<引用元:http://mzstyle.net/high-school-travel-bag.html>より

高校生となれば、ボストンバッグよりもキャリーバッグの方がオススメです。

仮に修学旅行で3泊4日程度の場合において、Mサイズで53Lのモノがあるとすれば、それで十分です。

容量と目安的にはこんな感じですが、着替えなどをそれにいれて、お土産など買って入れる際には別のバッグを持ちながら街の散策することになると思います。

デザインなどで分けるならばピンク系の色であれば女子、ブルー系の色であれば男子といった感じでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す