なぜ春は眠くなりやすい季節なのか?その原因と対策について紹介!

春はようやく暖かくなりさくらが咲いて満開となり、にぎわう季節ですね。

しかし、同時になぜか眠くなる人もいるのです。

緊張の糸がほぐれたかのように…。

今回はなぜ春は眠くなりやすい季節なのか、またその原因と対策について紹介していく内容とします。

スポンサードリンク


 春は気持ち的に安らげる季節

寒さの厳しい冬が終わり、春になれば桜が咲く季節となります。

それに4月になれば新社会人が大人の階段を1歩踏む時期でもあります。

その踏む前の3月下旬~4月5日辺りまでであれば、気持ち的に安らげるほんのわずかな期間なのです。

早ければ関東以西で桜が満開になっているところがあるので、花を見ながらその先々における不安をお互いに口に出してスッキリし、先に大人の階段を上っている先輩がいたらアドバイスを貰えればなお良しです。

新社会人の視点からすれば、最初の4月の第1週~2週までは緊張の糸がほぐれることなく、精一杯仕事にまい進していることでしょう。

春に眠くなる人が多くなる要因とは

<引用元:http://yakudatta.com/archives/3074.html>より

いくら新社会人が緊張の糸をほぐさないように保っていても、その他の上司なんかは画像のように眠くなってしまいがちです。

一般的に徹夜明けとか、遅くまで残業していて疲れていて寝不足なのであればまた別な話なのですが…。

今回はそのどちらでもないパターンで、ついついあくびが出て眠くなりそうな場合でかつ季節が春だったとすれば、これまた違う話になってきます。

春に眠くなる人が多くなる要因として挙げられるのが、簡単に言えば自律神経の乱れといえます。

また気温も関係しています。

冬場は寒く春になってその寒さから解放されついつい身体の気が緩む、これがわかりやすいイメージかと考えます。

眠くなる原因と眠くならないための対策

<引用元:http://www.well-lab.jp/201603/feature/8039>より

上記で挙げた要因をもう少しひも解いていくと、自律神経の乱れもありますが、どちらかというと【春は副交感神経が優位に働いてリラックスモードになりやすい】からだそうです。

暖かくなる春は副交感神経が優位に働き、リラックスモードになることで眠気がより促進される傾向があり、同じ姿勢が続けば眠気をさらに感じやすくなってしまうので、健康的な生活を送っている人でも眠気のサイクルにハマってしまう恐れがあるのです。

また睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌量が、日中時間(太陽が顔を出している時間帯)の短い冬とそれが長くなる春とでは、メラトニンの分泌量に違いが生じ、春の方が多くなるので、その影響で眠くなりやすいとも考えられています。

こういった眠ってほしくない時に眠ってしまうのはよくないので、それを防ぐための対策がいくつかあります。

スポンサードリンク

まず1つ目は朝の日光をしっかり浴びることです。

人は太陽の光を見て、感じることで体のホルモンバランスを自然に調整しています。

それに太陽の光をもろに見れば、くしゃみが出てしまいそうな時がありますが、あまりのまぶしさに目が覚めます。

2つ目は体をしっかり動かすことです。

冬は部屋にこもりがちの人が多く、その生活習慣からか春になっても部屋にこもりがちになる人がいます。

なので、適度な運動をすることによって、脳を刺激し副交感神経が優位になっている状況を反転させ、交感神経を活発化させることで相対的に眠気を抑えます。

3つ目はコーヒーなどを適度に飲んで眠気を防ぐ方法です。

これはカフェインを摂取することで直接的に眠気を抑えるわけですが、適度な摂取がオススメで、多少の摂取は逆効果になるので注意しましょう。

これら以外にも方法はありますが、とにかく眠気に襲われたら、まず上記の方法を実践してみて下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す