プロポーズの日の由来は?プロポーズのタイミングと時間は何時が良い?

人間、生活していればたいていの人は結婚します。

それはある特定の男女が出会って、お付き合いを開始し、デートなどをして愛を育んで、最終的にどちらかがプロポーズをして晴れて夫婦となるのですよ。

その過程で一番重要なプロポーズですが、たいてい男性側から女性にすることが多いです。

でもどのタイミングでどんな言葉で相手に結婚を申し入れていいのか、逆に迷ってしまうこともあります。

今回はプロポーズの日の由来は、またプロポーズのタイミングと時間は何時が良いのかなどについて問う内容とします。

スポンサードリンク


プロポーズの日とは

<引用元:http://sp.propose.zexy.kachip.jp/propose/news/07.html>より

プロポーズの日は毎年6月の第1日曜日となっています。

これはジューンプライドにも関係してきますね。

これを発案したのはブライダルファッションデザイナーの桂由美さんで、後にこれを全日本ブライダル協会が制定しました。

あくまで1つの説ですが、制定までの背景として、なかなかプロポーズに踏み切れず1つのきっかけがあればできる、といった考え方があったようで、だったらそのきっかけを作ろうということになり、プロポーズの日ができたとされています。

またこれを活かそうと、神戸では独自に【神戸プロポーズの日】として盛り立てています。

たいていは神戸ポートタワーが19時59分より1分間砂時計のイルミネーションに変化して、周辺の灯りが一時消灯されるシュツエーションがあり、プロポーズのタイミングを演出してくれるのです。

そのタイミングでいくつものカップルがプロポーズをして、たいてい成功させています。

行政もある意味では一役買っているのですね。

タイミングや時間は関係ある?

<引用元:https://marry-xoxo.com/articles/1646>より

問題はココですよね。

時間、場所、お互いの休みなどのタイミングが合わないとプロポーズの成功率にも差が出てしまいますからね。

ここで大事な点があります。

お互いの記念日を設定しているのか、クリスマスなどの特殊なイベントでそれを行うのかなどプロポーズする側は創意工夫する必要があります。

もしあなたがプロポーズされる立場なら、以下の2つのシチュエーションを比べてみて下さい。

前者は、付き合って数年のカップルである日のデート中に突然指輪を出して「結婚してください」と言われたらどうしますか?

言われた方は『サプライズ感』はありますが、単にデートを楽しんでいるわけであって、いきなり結婚と言われても対処できない場合が多いです。

スポンサードリンク

つまり、成功率は高くありません。

後者もカップル設定は前者と同じですが、いずれかの誕生日やお互いの記念日に、ロマンチックな夜景をバックにして「結婚してください」と言われたらどうしますか?

前者と違うのが特別な日にこのワードが出ることを予想している点です。

それに結婚OKオーラを周りの景色が後押しするので、後者の方が成功しやすいです。

つまりタイミングや時間などは大いに関係あります!

 プロポーズで一番多い言葉とは

<引用元:https://www.iprimo.jp/propose/chiebukuro/research/propose/2011.html>より

プロポーズでどんな言葉を言うべきか迷っている方に朗報です。

あれこれ考えずに、一番シンプルな言葉が画像にあるように「結婚しよう」が一番多く人気の言葉となっています。

次点で「結婚してください」が多く、意味合いは大して変わりません。

でも、独自の記憶に残るような言葉でプロポーズをしたい方も中にはいるはずです。

独自にその言葉を書いてもいいのですが、失敗した時に責任が取れませんのでここでは書かないでおきます。

しいて言えば、熱意をもって相手に結婚の意思を伝えることができるワードであれば、あなたの意を汲み取って結婚に応じてくれやすくなります。

スポンサードリンク

コメントを残す