エアコンは付けたままの方が電気代安い?

エアコンはもはや私たちの生活の一部となっています。

特にホテル業では必須です。

家庭に関しては、エアコンのスイッチを入れっぱなしにしたらお金がかかるのかどうか検証するにしてもお金がかかってしまいます…。

定期的に電源を落として活用してもいいのですが、電気代があまり変わらなかったら無駄…。

なので今回はエアコンは付けたままの方が電気代安いのかそうでないのかなどをお伝えする内容とします。

スポンサードリンク


夏はエアコンが大活躍する!

夏は暑すぎて、部屋の外に出るだけで汗をかいてしまいますね。

また、ちょっとした外出をするだけで暑くなるので、用事を済ませて自分の部屋に戻ってきた時にエアコンが十分機能していて部屋の温度を20度前後に保っていた状態で入室したらとても心地がいいものです。

ああ、エアコンっていいですよね。

エアコンの電気料金はどれくらいか

<引用元:http://kakaku.com/energy/aircon/>より

上記の画像は毎日エアコンをつけて費やした料金です。

こうしてみるとエアコンは毎年新しいモデルが登場するたびに省エネが効率化されていることもあり、年々支払う電気代は安くなっています。

この結果だけをみれば電気代は安くなってはいます。

ただ、一般家庭であればずっとつけっぱなしにしているわけにもいかないので、夏場の1ヶ月あたりのエアコン電気代は、約1,500円と言われています。

無駄な時間にエアコンを起動せずにタイマー設定などでエアコンを利用されているものと考えられますね。

付けっぱなしの場合

エアコンの年式を除外して検証し、夏の間に1か月間エアコンを24時間つけっぱなしにした場合電気代の請求は3,000円を超えたそうです。

無論、エアコンだけでそうなったとは限りませんが、春や秋に比べると異常に高いのはわかるかと思います。

仮に22度に設定して部屋の温度状況を保っていた場合は電気代が高くなるのも無理はありません。

それに夏の西日本は相対的に猛暑の日が多いので、場合によってはこれよりもエアコン電気代が高くつくかもしれません。

必要な時だけ使う場合

こちらは同じくエアコンの年式を除外して検証し、夏の間に1か月間エアコンを必要な時だけ付けた場合です。

電気代の請求は約2,500円程度で済んだそうです。

外出などで自分が部屋にいない時にエアコンをつけていないわけですから、それだけ無駄な電気代を抑えることができるのです。

もしこの検証結果に疑問をお持ちの方は下記のサイトをご覧いただければ幸いです。

スポンサードリンク

参考サイト:https://enechange.jp/articles/air-conditioner-24hより

効率よい使い方としては…

<引用元:http://visualshoxxx.com/36.html>より

上記から結果としては必要な時にだけエアコンを作動させた方が総合的な電気代の請求は抑えられます。

それ以上にエアコンを効率よく使うには画像のようにエアコン+扇風機の組み合わせの方が良いです。

電気代の面から考えれば、多少高くなりますが、エアコンだけをつけっぱなしにするよりはましです。

こうすることによって、エアコンから放たれる冷気が部屋中に扇風機の風を循環して回り、よりエアコンに設定した温度に近づけてくれるのです。

これはエアコンを18度設定にしてそのまま過ごすより、22度設定して扇風機を回した方が早く暑くなった部屋をクールダウンさせる効果が高いのです。

扇風機は首振りの状態にしておき、エアコンと同じようにタイマー設定しておくと良いでしょう。

夏の暑い日にエアコンを切りたくない人は、部屋が十分に涼しくなったらエアコンの設定温度を22度から26度にしておけばなおさら電気代をわずかながらではありますが、抑えることにつながります。

スポンサードリンク

コメントを残す