七夕は何の日?何のためにあるのか

七夕によく行うことは、笹を用いて短冊を作って飾りますよね。

また、夜に空を見渡して星が出ていたら、天体望遠鏡などを用いてベガやアルタイルといった織姫と彦星とされる星の輝きをみたりしますね。

さらに人によっては誕生日になっていたりするわけです。

七夕は何のためにあるのか、って思いますよね。

今回は七夕は何の日か、また何のために七夕があるのかなどについて解説していきます。

「七夕は何の日?何のためにあるのか」の続きを読む…

なぜ花火大会をするようになったのか。浴衣を着る意味とは

花火大会は間近で見れば迫力があります。

その音が迫力を生んでいるのでしょう。

主に夏の季節に行われていることが多いですね。

ただ花火大会に行く人の服装をみると、男子は甚平か半そで姿、女子に至っては浴衣姿が圧倒的に多いです。

気になりますよね。

今回はなぜ花火大会をするようになったのか、また浴衣を着る意味などについて語る内容とします。

「なぜ花火大会をするようになったのか。浴衣を着る意味とは」の続きを読む…

夏至の日は何時まで太陽は顔を出しているのか?また日本の各地域によってどのくらい差があるのか?

毎年6月に訪れる夏至、皆さんはふと太陽が何時に沈むのかって気になったことはありませんか?

気になるけれども、仕事などで屋内にいた場合、沈む瞬間が見られない時って意識していてもしばしばあると思います。

また、沖縄で観測した場合と北海道で観測した場合ではだいぶ開きがあるように感じます。

今回は夏至の日は何時まで太陽は顔を出しているのか、また日本の各地域によってどのくらい差があるのかなどについて解説していきます。

「夏至の日は何時まで太陽は顔を出しているのか?また日本の各地域によってどのくらい差があるのか?」の続きを読む…

七夕に食べる物は?由来と意味は?

7月7日っていったら、老若男女とわずこう答えると思います。

「七夕だよ!」ってね。

空が一面雲で覆われていなければ、雲の隙間からでも天の川を拝むことが可能です。

実は七夕ならではの食べ物があるのですよ。

今回は七夕に食べる物についてと、七夕自体の由来や意味などについて解説していきます。

七夕に食べる物は?

<引用元:https://ameblo.jp/divination-mimic/entry-12178278232.html>より

いったいどんなものかと思えば、画像でわかるように意外と『そうめん』なのですよ。

夏らしい食べ物で、気温が高い日でお日様も高く上っていれば、こういった涼しげな料理を味わっておかないと夏は乗り切れませんよね。

でも食べすぎはよくないです。

ここでは深いところまで語りませんが、夏場はそうめんばっかり食べていると逆に夏バテになってしまうことがあるのでほどほどにしておきましょう。

七夕の由来及びそうめんを食べる理由

<引用元:https://www.babycome.ne.jp/blog/1169207>より

七夕にそうめんを食べる理由としていくつか諸説あります。

一説として、七夕の行事食がそうめんである由来は、奈良時代から平安時代にかけて日本に伝わった古代中国の索餅(さくべい)という小麦粉料理が始まりだと言われているのです。

索餅とは小麦と米粉を練って、縄のように細くしたお菓子なのですが、これがだんだん日本人好みになるように変化していってやがてそうめんになったと言われているのです。

そもそも七夕の由来についてですが、これもいくつか諸説あります。

一説として棚機(たなばた)という神事が起源であるという説です。

この行事は乙女が着物を織って棚に供えて、神様に豊作祈願をしたり、人々の無病息災を願ったりしたものです。

これがやがて7月7日に行われるようになったことから、7が付くこともあり、それを漢字に当てはめて『七夕』となったとされているのです。

ちなみに、そうめんとひやむぎはぱっと見似ていますが、実食すればコシが違いますよね。

そうめんは噛まずとも呑み込めてしまうのですが、ひやむぎはかみしめて食べた感があります。

無理にそうめんでなくともひやむぎで代用可能という意見もありますので紹介しておきます。

織姫と彦星の由来

<引用元:http://events-seasonal.com/archives/1277.html>より

有名ですね、この伝説は。

誰しもが子供の頃は、この日に空を見上げていたと思います。

元々織姫と彦星の由来は古代中国から来ているとされています。

その元となったお話をわかりやすく要約すると、まじめで働き者だった織姫と牛飼い美男子(イケメン)の彦星が出会いました。

しばらくして付き合うことになり、お互いに信頼できると考えて結婚しました。

しかし、生活をともにするようになると、彦星は牛の世話をせずに遊んでばかりいるなまけ者になってしまいました。

それが天帝の怒りに触れ、2人は天の川をはさんで引き離されてしまいますが、あまりにも悲しさ故にお互い元気をなくしてしまいました。

見かねた天帝は1年に1度だけ、7月7日に会うことを許しました。

これはベガ(織姫)と呼ばれる星とアルタイル(彦星)と呼ばれる星が、天の川を挟んで最も輝いて見えることから作られたお話というのが定説化しています。

現実に私たちがこの光り輝く星を地上から見ることができるのは、日本だと10年に2~3度だけしか見られないとされています。

原因は梅雨の時期と重なって雲が邪魔をして星々の輝きを遮っているのです。

どうしてもリアルタイムで見たければ、晴れている地域に移動して望遠鏡などを通してみるしかないでしょう。

七夕祭りで使う笹はどこで買うのか?飾り方と処分方法は?

毎年7月7日は七夕の日です。

天気がよく空に雲がなければ、織姫と彦星で天の川を拝むことができます。

七夕といえば、笹の葉です。

家庭で飾るとしても、どこに七夕用の笹が売っているのかわからない方もいます。

また、七夕が終わった後にどう七夕で使用した笹を処分すればいいのか、困惑している方もいます。

今回は七夕祭りで使う笹はどこで買うのか、また飾り方と処分方法などについて解説していきます。

「七夕祭りで使う笹はどこで買うのか?飾り方と処分方法は?」の続きを読む…

花火大会が多い季節は夏?何で夏が多いのか

夏になればお祭りの季節だと思う人がいます。

どこかの神社のお祭りや、地域のお祭りなどありますが、花火大会も立派なお祭りなのです。

しかし、なんで花火大会は夏に多いのでしょうかね?

秋でも問題はないのですが…。

今回は花火大会が多い季節はなんで夏なのか、また他の季節でも開催可能なのかなどといったことを中心にお届けします。

「花火大会が多い季節は夏?何で夏が多いのか」の続きを読む…

なぜ6月だけ祝日がないのか?また祝日のメリットとデメリットとは

2000年代以降、1年を通してみると6月と8月だけ祝日がまったくありませんでした。

つい最近の2016年8月11日が山の日として祝日になりました。

これで年間を通して祝日がないのは6月だけとなります。

だったら公平性を保つために6月も祝日を作ってしまえばいいのでは?という声もあります。

今回はなぜ6月だけ祝日がないのか、また祝日を設けた時にメリットとデメリットなどについて解説していきます。

「なぜ6月だけ祝日がないのか?また祝日のメリットとデメリットとは」の続きを読む…

なぜ日本には梅雨があるのか?海外にはない?

日本では本格的な夏が来る前に必ず『梅雨』という時期を迎えます。

雨ばかり降って、この時期は本当に憂鬱な気分になるかと思います。

でもこれって意外に日本だけだったりする?といった疑問もわいてきます。

今回はぜ日本には梅雨があるのか、また海外には梅雨はないのか、といった内容でお送りいたします。

「なぜ日本には梅雨があるのか?海外にはない?」の続きを読む…

お中元の時期は?何時から用意して何時までに贈るのか。

皆さんはお中元を贈ったことはありますか?

仕事でお世話になった人や長年の友人などに贈って日頃の感謝を伝えますよね。

だいたいの時期はわかっていても、贈るタイミングがわからない方がいらしゃっると思います。

今回はまだ知らない人のためにお中元の時期に関することと、用意したお中元を何時から何時までに贈るのかといって内容でお送りいたします。

「お中元の時期は?何時から用意して何時までに贈るのか。」の続きを読む…

【紫外線対策】日傘は何時差すのが正しい?

夏になれば、熱さ以外に厄介な敵がやってきます。

それは紫外線です。

紫外線対策として、UVカットクリームを塗る以外で対策するとなれば、日傘しかありません。

でも日傘って、あまり使わない印象がありますよね。

どのように使えば効果的なのでしょうか?

今回は日傘は何時差すのが正しいのか、また紫外線に関する補足情報を交えてお伝えする内容とします。

「【紫外線対策】日傘は何時差すのが正しい?」の続きを読む…